2008年09月11日

台風対策

 週末のイベント、台風接近で中止との連絡が来た。残念。それにしても、皮算用で先に無駄遣いしてなくて、よかった。
  
 で、突然ポカーンと空いたスケジュール。ここんとこ家事をサボり気味だったので、「しっかり片付けなさいね」という、掃除神の思し召しなんだろうか。どのみち台風で外出できないんだから、掃除片付け以外にする事が無い。週末は整理整頓day、決定。


 しかし天気図を見ると、当地は太平洋高気圧がずっぼりかぶさって強固にガードしてくれちゃってるので、台風はその縁を迂回するしかなさそうな気配。いずれ接近するにしても、今現在ほとんど停滞しているので、このスピードだと、影響が出始めるのは週明けになりそうなんだが。


 とりあえず、本格的に天気が崩れだす前に、やっておくべき事がいくつかある。

 まず、ここ1ヶ月まともに掃除してない、枯葉の絨毯敷きになってるベランダの掃除。暴風になると更にいろんなものが飛ばされてきてゴミが増え、排水溝を塞いでプールになる。これは雨が降り出す前にやっておかねば。

 それから、鉢植えや物干し竿等、飛ばされそうなモノの避難。 これは少し風が強くなってきてからでも大丈夫。 
 そうそう、植え込みの花木の長い枝も、伐採するか縛るかしないと。そのままにしておくと、根こそぎ風に持っていかれる。 にしても、丁度今花盛りなので、切るのは惜しいなぁ。これも進路予想を見ながら、ゆっくりでいいかなー。
posted by ウメ at 09:05| Comment(4) | TrackBack(0) | ベランダ

2008年11月30日

歓迎・洗濯機

 通常なら、移動・設置の邪魔になるいろいろをすみっこに片付けるだけなのだが、この際だからついでに本格的に掃除してしまおうかと。
 というわけで、朝寝二度寝も我慢して、洗濯機お迎えのために朝からベランダ大掃除

 
 最近は室内の掃除でも古布のウェスしか使わないので、洗って使う雑巾の出番が無い。外に下げっぱなしで埃っぽくなっている大量の古雑巾、ベランダ掃除で、どんどん使って処分する。


 廃棄処分される古洗濯機は放っといて、まずその上に設置してある乾燥機に着手。 
 樹脂・プラスチック製の正面部分はたまに拭いてるし、多少変色はしているが、極端な劣化は無い。しかしスチールの本体部分は、さすがにあちこち傷みが来ている。側面に点々とサビのコロニー。そして脚立に乗ってびっくり。天井がこんなに錆びていると思わなかった。綿・砂埃の量もハンパじゃなく、あっという間にウェスが使用不能になった。
 半戸外でも、外は外。極端な風雨には晒されないものの、やっぱり室外に置くと、家電品の寿命は短い。この乾燥機も、既に2度ほど修理。いつまで使えるかな。

 脚立に上がったまま、高所を這うパイプ、サッシ上部を拭き掃除。ここも久しぶりに拭くので結構汚れている。ウェスもどんどん廃棄。
 台所換気扇の排気孔のネットが、油と埃で詰まり気味なのを発見。これは排気率がかなり落ちているはず。最近換気扇の音が大きいような気がするのも、コレのせいだろうか? 完全に取り外して掃除しないと、いずれ塞がってしまうだろう。今日は時間が無いので後回し。でも今年中にはやってしまいたい。

 使い勝手を向上し、掃除しやすいベランダにするために、床置きになっている洗濯用品ガーデニング用品も、いろいろ処分。
 窓下の鉢植えは、とりあえず別の場所に避難。多肉植物たちも、寄せ植えにして整理したいな。…いかんいかん。土弄り始めたらキリが無い。

 ハンガーを掛けるプラスチック部品がすっかり劣化し、粉になってボロボロ崩れてくる、使えない伸張式物干し竿を再生。
 アルミ製の本体はしっかりしているのだが、スチール製の伸張部分は、内部がサビて膨れているらしく、完全に作動不能。 しかしこれをひっこ抜かないと、プラ部品が外れない。無理に回そうとうんうん唸っていたら、夫がスライドレールの端を留めているプラ部品を、マイナスドライバーでかち割ってくれた。プラ部品は、スライドからいとも簡単に除去。これで大物干しに使える。バンザイ。
 縮めて使う事はまったく無いので、このままで全然かまわない。でもそのうち、サビが進行して、接続部分からポッキリ折れる可能性はあるかも。
 
 
 10時半、洗濯機到着。
 うちのベランダはかなり狭く、しかも途中に洗物シンクなんかがあるので、胸の高さに持ち上げないと通過できない。しかしプロの手によって、あっと言う間に古いのが運び出され、新品の設置が完了。 
 試運転してみて、あまりに静かなので驚いた。前のヤツは、深夜の洗濯はまず無理だったし。今日は午後からすぐ予定が入っているので、実際の洗濯は明日。楽しみだぁ♪

-----------------------------
本日の捨て
●洗濯機→廃棄
 10年間お疲れ様。無料譲渡サイトで誰かに譲ろうかとも思ったが、やり取りが面倒。こんな大物、ドタキャンされても困るし。(先日も食器譲渡の約束したのに、音沙汰無しだった)
●洗濯籠→廃棄
 考えてみたら20年ものだコレ。劣化が酷いので廃棄
●園芸用ワイヤーネット
 サビが出てきた
●踏み台→廃棄
 足が取れた。使えない事もないが危険
●洗濯板
 屋外シンクの備品。17年間出番なし
●木材端材
 …何に使ってたんだっけ? 
posted by ウメ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ベランダ

2009年01月21日

多肉ちゃんを食われた

 多肉植物が好きで、いろんな種類をちまちまと集めては、ベランダのあちこちに放置並べている。
※当然、かわいいモンは「省略」&「ちゃん」付けで呼ぶので、「多肉植物」は「多肉ちゃん」である。(変か?)

 昨年、ベランダ大掃除の際にいくつかの鉢を場所変えし、お気に入りの一鉢を、リビングからもよく見える、日当たりの良いコンクリート製の手すりの上に配置した。そしたら。
 ある日突然、肉厚の葉が全部無くなっていた。

 上手に育てると、葉が交互に重なってバラの花状になる種類。(←名前くらい覚えろ) 管理が下手でなかなか葉が増えてくれず、この冬、ようやく見られる姿になって喜んでいたのに。

 急に環境を変えたので、ヘソ曲げて葉を全部落としたのか!?(丈夫な連中だが珍しくない事) と思ったが、落ちた葉がどこにも見当たらない。 ナメクジ・カタツムリ・その他害虫のせいか!? とも考えたが、この寒空に連中が出てくるはずがなく。(過去に食われた事例も無いし)

 さっぱりわけがわからず、ほとんど芯だけになった鉢をそのまま置いてたら。犯人が再び現れた。
 イソヒヨドリだった。
 二羽でやってきて、ベランダをひとしきりうろついた後、芯の上に僅かに残った新芽をついばみ、ついでに隣の観葉植物の新芽まで食いちぎって飛んでいった。
 なんてやつらだ。許せん。

 姿形もあまりかわいくない上、悪食であまり評判のよろしくない鳥。ベランダガーデナーの義母が「花を食い荒らして困る」と常日頃ぼやいていたが、まさか肉厚の多肉植物まで食らうとは思わなかった。丸々と肥えた葉が、果実か何かに見えたんだろうか。

 慌てて、次に被害にあいそうな、コロコロした葉を持つ他の多肉ちゃん達を避難させたが、丸坊主にされた子はどうしたものか。放ってたらいずれ葉は出てくるとは思うけど、夏までに回復するかなぁ(涙目)

 それにしても、連中の襲撃から多肉ちゃん達を守る方法は無いものか。葉を食われないように、貢物(鳥のえさとか果物とか)を置かなきゃダメかなぁ。
--------------------------------

 「2009年2009個の不用品を捨てようスペシャル」

★本日の捨て★
203-208.100均の小鉢6つ…譲渡
 無料譲渡サイトに載せるつもりだけど、果たして貰い手が居るかな?

残り1801個

posted by ウメ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ベランダ