2008年05月31日

五徳・汁受けの掃除

 三口コンロの大きい方が自動着火しなくなって、1ヶ月。
 最初はキャンプ用のチャッカマンで火をつけていたが、これもガスが切れて使えなくなり、今はマッチ。古いマッチはなかなか火が付かず、仕方なく小コンロの火をつけてマッチに着火し、それで改めて大コンロに火をつけるという、非常にめんどくさい事を続けている。


 今日、たまたま来ていた義弟が「接触不良じゃないの?」と、見てくれる事になった。

 システムキッチンに組み込まれたガスコンベクションの天板を外すのは、3,4年ぶり。最近はマメに拭いているので一見キレイだが、それはあくまで大天板だけ。五徳や汁受けは掃除を諦めて久しく、溶岩でコーティングしたかのごとく、真っ黒けだ。 天板周囲のゴムパッキンは、油で劣化して伸びたり切れたり張り付いたり。無理やり拭くと余計酷い事になりそうだ。

 義弟があちこち弄り回してる間、外した天板を徹底的に磨き上げ。前回天板を上げた時、結構頑張って掃除したので、そんなに酷く汚れてはいない。
 ところが二つの小コンロの火口。長い事外して掃除していないので、完全に張り付いてびくともしない。金ブラシでガサガサ擦ると山のように炭が落ちてくるので、何とかして引っぺがして掃除しないと、そのうち不完全燃焼等のトラブルが発生しかねない

 そして今度こそ見なかったことに出来なくなった「五徳と汁受け皿」。 これまで何度か強力洗剤に漬け込んだり、磨き粉で擦ってみたりしたけど、黒いコゲはどんどん面積を増すばかり。ここ最近は、毎日のキッチン掃除でも、五徳・受け皿は無視しがちだった。
 しかし、部品を分解して大修理突入状態の義弟の側で、コレを放置するわけにはいかない。腹をくくって、五徳・受け皿の復旧に取り掛かった。

 
 さて、金ブラシやクレンザー類ではまったく歯が立たない、完璧に焼きついたコゲをどうするか。 ここで、先日の風呂掃除で学習した事が、今回生きた。「マイナスドライバーで、徹底的に削る」のだ。もちろん、キズが入るのも覚悟の上。

 まず溶岩コーティングの五徳。そういえば以前、割り箸や古いナイフ等でコゲ落としにトライした事があった。しつこい油汚れ程度ならあれでいいけど、完全に焼きついたコゲはまず無理。ドライバー程の強度でないと歯が立たない。
 ドライバーの先でガンガン叩くと、石化したコゲが一部パキーンと割れて飛んでいく。コゲの上から、問答無用で力を込めてドライバーの先でガリガリと削る。ええ、ガリガリゴリゴリガシガシギシギシですよ。何と言うか、剥離剤無しでペンキをこそぎ落す感じ。
 あらかたそぎ落とした後、金ブラシで細かい部分を擦る。何度か水で流しつつ、最後にクレンザーで徹底的に磨いて終了。結構力のいる大仕事で、ここまで約30〜40分。

 それにしても五徳って丈夫。あれだけ乱暴に扱ったのに、あまりキズが入っているようには見えない。作業前の溶岩状態が信じられないくらいキレイになった五徳の、ツルツルした金属の感触にちょっと感動。うちのコンロの五徳って、こんな色だったのね。

 そしてふと下を見ると、残り2枚の溶岩五徳と、黒いホーロー仕上げのような(本当は白)汁受け皿三枚… 

 やってやろうじゃないか。
 こんな大変な作業、後回しにしたら、絶対また手付かずになる。(自分の事は自分が良く知ってる)

 自動着火装置は、義弟の奮闘にも関わらず復旧できなかった。コンロの天板その他を元に戻し、お茶菓子で義弟をねぎらった後、ドライバーを握りしめ再び肉体労働に復帰。



 そして、やり遂げました… 所要時間4時間。途中休憩挟んだら絶対戻れなくなると思ったので、休みなし立ちっぱなしでぶっ続けの作業。足は痛くなるし両腕は筋肉痛で上がらなくなるし、しばらく放心状態だったけど。
 天板に乗せたほぼ真っ白の汁受け皿と、光を反射する五徳を眺めていると、ステージ最強のラスボスをやっつけたような感動が。

 キズだらけでも、久々にピカピカになったコンロでの夕飯作りは、すっごく気持ちが良かった。
 今後の課題は、如何にしてこの状態をキープするか。毎晩の食器洗い&天板の拭き掃除に、五徳受け皿を外して洗う、をルーティンに組み込めば良いだけだ。今まで見るのも触るのも嫌だったけど、もう大丈夫。

 次回の課題は、コンロの正面とサイドの壁掃除。ちょっと拭いたくらいではベタベタとニオイが取れなくて、年末の大掃除でも中途半端に終わっているのだ。ここも徹底的に綺麗にして、その後は「毎日拭く」を習慣にしたい。 

 
 ああそんなことより。早くガス屋さん呼んで、修理してもらわなくちゃ
posted by ウメ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン

2008年06月11日

レンジ周り続き

 前回はレンジ台だけで力尽きたので、今日は前面と右サイドの壁、レンジフード、出来れば周囲の壁面の拭き上げまで手をつけたい。
 この際だから、レンジ近くに床置きしたせいでいつも油まみれになっている、缶詰ストッカーやぼろ布入れも撤去して、分別ゴミ箱だけにしたいんだがなー。

 それにしても。新しい分別ゴミ箱欲しい
 今現在台所で使用中のゴミ箱は、シンク横に置いている燃えるゴミ専用の大き目のヤツと、レンジ後方の足踏み蓋付きプラスチックの缶専用、ワイヤー製で、レジ袋を多数引っ掛けるタイプの分別ゴミ専用の三種類。これをせめて2種類に減らしたい。
 缶は中身を洗剤で丁寧に洗わない限り、水ですすいだくらいではどうしても臭いが出るので(特にツナ缶とか)、蓋付きでないと困る。その他の分別ゴミも、できればあまり姿を見せたくない。
 で、引き出し式の真白いタワー型分別ゴミ箱を探しているんだが、なかなか理想的なサイズのが見つからない。これ以上探して見つからなければ、コレで妥協するしかないかと。本当はこんなのが好きなんだが。予算が許さない(涙)

----------------------------------

 レンジ周り終了。オレンジの皮成分のリモネン系の洗剤「オレンジクリーン」半分使い切った後、頂き物の「フォーミュラ409」で戦った。どうも409の方がパワーが上のような気がするし香りも好きなんだが、近所に売ってないしなにしろ高い。次回はオレンジクリーンで頑張らなきゃ。

 ベタベタしていた床を徹底的に磨いたら、サラサラの感触が戻ってきた。よし、明日はもっと面積を広げよう。
 頑張った自分へのごほうびに、とっておきのクッキー詰め合わせでティータイム。こういうのが無いとモチベーション上がらない。ニンジンは大切。家はキレイになるしダイエットにも貢献して、一石二鳥♪(いいんだ自己満足で)。

 さて、夫帰宅前に掃除機掛けて、夕飯の支度もしなくては。夜は… アイロン _| ̄|○ ←まだやってない
posted by ウメ at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン

2008年06月12日

キッチン続き

 昨日張り切りすぎて、微妙に筋肉痛です。情けない。

 でも今日も掃除。今日は調理カウンター下の収納部分。調味料入れている縦長のスライド引き出しが、結構汚れているのに気がついたから。ついでに、料理道具を入れている三段の引き出しとシンク下も、掃除して整理整頓したい。

 ウチのシステムキッチンは、十数年前TOTOが扱っていたドイツのブルトハウプ社(bulthaup)の製品なのだが、奥行きがありすぎて(75cm)使いづらい。調理台の向こうにあるカウンターに、手が届かないのだ。いや、届かないわけじゃないけどかなりギリギリ。そのせいで、カウンターに薄手の棚を置いても、掃除は甘くなるし上の方はモノが取りにくいしで、どうしたものか悩んでいる。
 当然調理台下の引き出しも、ものすごーーく奥行きがあるわけで。全部引き出すと人が通れない。最奥20cmくらいは、存在を忘れがちでこれももったいない。

 流しの下は両開きで、スライドレール式の小物掛けみたいなのがオプションで付いてるが、これも効果的に使えていない。最奥はそれこそ穴倉のようで、ただでさえ流しの下の収納は難しいのに、更にハイレベルな工夫を要求される。
 長年「まぁとりあえずはこれで」と、あまり真剣に取り組んでこなかったのだが、この際徹底的に見直してみようかと思う。先日、ほとんど使っていないテフロン加工の剥げた古いフライパンを処分したら、それだけで随分すっきりした。自分はあまり鍋類は持っていない方だけど、他にももっと、処分すべきなのが出てくるかもしれない。


 昨日やっとアイロン掛けに着手。かろうじて3枚。残り50枚余、地道にがんばろう(笑)
posted by ウメ at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン

2008年06月13日

しつこくキッチン

 昨日は台所の床磨きだけで終わってしまった。
 拭いても拭いてもウエスが真っ黒になるので、もしかして塗装(ステイン)剥がしてるんじゃないかと思ったくらい。湿気のせいか、べたつきもあまり取れた感じがしない。結局、「毎日拭いてりゃいつかキレイになるさ」とギブアップ。

 ところで昨日使った洗剤。以前買ってあった重曹・大匙山盛り一杯を、500mlのお湯に溶かして、園芸店で買った198円のスプレーに詰め替えたもの。
 つまり巷で流行ってる「地球に優しいエコ掃除」なのだが、要は手荒れが酷いくせに素手で掃除洗物するのがやめられないのと、洗剤代の節約になるかと思って。

 分量なんかわからないから当てずっぽうも甚だしく、果たしてこれで汚れが落ちるのか半信半疑だったんだが。使ってみた結果は、少なくとも水だけよりは、落ちるみたいだ。ポットや炊飯器表面のベタつきがキレイにサラサラになったし。
 コンロ周辺の大汚染なんかでも試してみたかったけど、こっちは掃除した直後だし。でも重曹は油汚れに対して本領発揮するらしいんで、今月末あたりフィルター取り替える時に、シロッコファンはずして、鍋に重曹で煮込んでみようかと思う。(ルーバー状のカバーは重曹不可なので残念) 

 重曹スプレーはレンジ周りに常に常備しておいて、「夕飯片付けの際に周辺全体にスプレーして、軽く拭き上げ」を習慣化しようと思ってる。そうすりゃ年末にタイムリミット迫って頭かきむしる事も無く。「レンジ換気扇大掃除? 拙宅は常日頃キレイにしておりますので、特に必要ございませんのよホホホ」って…(←妄想中)
 もしかしてこの調子で掃除片づけが進行し、毎日の小掃除が身に付いたら、年末のスケジュールに「大掃除」が無くなるかもしれない。うわぉ♪ 俄然モチあがってきた。

 
 さてキッチン床続き。
 その重曹スプレーを、何度も吹き付けては拭きを繰り返したんだが、前記のような結果。溶液が薄かったんだろうか?
 もしかして、何年も拭き掃除してないような床は、マジックリン並の強力洗剤か、タワシかデッキブラシで擦るくらいの荒療治が必要なのか? 床材は船のデッキ等に使う「カリン」という木材なので、水には強いはずなんだ。マジでやるかな、デッキブラシ… 思いっきりツヤも何も無くなりそうだ。

 木材の元々の色は濃い赤茶、ステインもかなり濃い色を使ったせいで、ホコリも目立つがシミ(塗装はげ)も目立つ。台所もそうだけど、リビングや廊下も、猫のゲロ跡のシミが多すぎて、いっそのこと全室塗装やりなおしたいくらい。
 とりあえずリビングだけは、拭き掃除が終了したら白く浮き立つシミを何かで塗りつぶしてみようと思う。


 さて今日の予定並べてみるか。

○洗濯物たたんで仕舞う
○アイロンかけ
○キッチン続き(カウンター、引き出し、調味料棚etc)

 では、れっつごー♪
posted by ウメ at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン

2008年06月18日

洗濯するぞ

 せっかくたまに車があるんだから、外の用事を済ませるべきだったのに、つい面倒くさくて一日在宅。ちょこちょこ家事や片付けやってると、結構夢中になってしまう。
 「家の事するのが楽しい」とかいうカリスマ主婦の言葉に、以前は「何が?どこが?なぜ?」と思ってたけど、今はよくわかる。創意工夫しながら、少しずつ、好きなように「家」を作り上げていく楽しみ。自分がこの「家」を切り回しているんだという、満足感なんだろうなー。
 私も遅まきながら、「家作り」を楽しんでいこう。


 家事の中で何が一番好きかっていったら、私の場合は洗濯。山盛りの洗濯物を見るとマジ燃える。
 洗濯物がよく乾きそうな、適度に風のある晴天の朝。昔なら「家のことなんかほったらかしてドライブ行きたい!」とか思ったもんだけど、今は「なんて素晴らしい洗濯日和! 今日は大物洗うか!?」と、シーツやカーテンを外しにかかる。

 ガソリンが思い切り値上がりして、ドライブなんざとんでもねぇというご時世なもんで。

 そして、すっかり乾いて取り込んだ洗濯物。ちょっと前までは「畳む・仕舞う」が面倒でよく後回しにしてたけど、今は速攻で片付けにかかる。テーブルにぶちまけた山盛りの服がきれいさっぱり無くなった時の達成感。…安上がりなシアワセだなぁ(笑)

 今日は子供達の毛布(シングル)を丸洗い。スペースの都合で一日1枚しか干せないけど、明日も晴天の予報なのでしばらくは大物洗いが続く♪ 
 それにしても短い梅雨だった。例年の7割くらいしか降ってないらしい。この夏、水事情は大丈夫だろうか?


本日の成果
○台所のワゴン撤去
 トップに普段使いのコップ類(割れても未練が無いヤツ)を積み重ね、下の三段にストックの缶詰を入れていた、ワイヤーとプラスチック籠のワゴンをカラにした。
 二列式のキッチンなので、前後の扉の開閉や作業の度に右へ左へと移動させなければならず、鬱陶しかった。油まじりのホコリと汚れでかなり汚くなってて、見るたびにストレスだったし。

 中身を全部出してカゴはシンクで丸洗い。(いつもシンクがカラだと、こういう作業が思いついたときにすぐ出来るから楽だね♪)
 缶詰はシンク向かいのカウンター下、乾物やストック入れと一緒にした。こないだ賞味期限切れ等を撤去して、全体に数が減ったから、十分入る。いつもここに納まるだけの量にしておけば、管理しやすい。
 コップ類は、食器棚と二段式の洗物籠の下段に押し込んだ。改めて食器棚を眺めてみると、かなりぎゅうぎゅう。コップ・カップ&ソーサーの類が多すぎなんだよなぁ… 趣味でつい集めてしまうので、どんなに押さえても年に何個か増えてしまう。
 何割かは別の場所に移動させ、食器棚は常に使いやすい状態にして、たまに気分で入れ替えるようにしたほうがいいだろう。

○娘の部屋をちょっと片付け
 あまりにも服が散乱して酷いので、昨日の続きで。
 この春、お下がりで頂いた服の量があまりにも多かったので、まだ管理できていないのだ。
 自分のワードロープを把握してないから、出かけるたびに長々と一人ファッションショーをやらかして、片付ける時間がなくなり、とっちらかしたまま飛び出していく…を毎回繰り返している。
 毎度組み合わせに悩むんだったら、お気に入りのコーディネートをケータイで撮って保存しときゃいいのに。私なんぞ手持ちの外出用の服はかなり少ないので、楽なもんだ。せっせと洗濯してほとんど同じものをヘヴィーローテで着ている。(…それはそれで問題ありかも)

 さて、今日も今からアイロン掛け。昨日は8枚くらいやっつけた。この調子で行けば、1週間くらいで籠がカラになる。がんばろー!
posted by ウメ at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン

2008年07月27日

沸騰ポット掃除

 休日なのに早く目が覚めてしまい、突然、先日から気になっていた「ポット内部が石灰にまみれた電気湯沸し保温器」が脳裏をチラつきだして、二度寝に入れない。諦めて起床。で、朝も早よからポットの掃除。

 ポット内側の石灰は、フッ素コーティングをものともせずがっしりくっついているので、スポンジで擦ったくらいでは絶対落ちない。仕方ないので、ナイフの柄でガンガン叩いて割り落とす。風呂場でやったみたいに、かなづちとノミ代わりのドライバーで削り落とせたらどんなに作業が早いかと思いつつ、ここはキズなどつけないよう、慎重に。
 カンカンゴンゴン、かれこれ20分近くやってたかな? 朝っぱらから不規則な金属音を聞かされて、家族はもしかしたらものすごく迷惑だったかも。(でも誰も起きて来なかったけど)

 ポットの底に溜まったパリパリザラザラの石灰の屑を何回も洗い流し、全体を拭き上げて、満水にした後クエン酸を大匙4杯投入して、スイッチオン。沸騰したら一旦全部捨てて、再度何回か洗い流して、完了。

 実はまだ完全に取りきれてない石灰が底の方に残っているんだが、力尽きたので見なかったことに。(←このへんが実にいい加減) 今後は毎月クエン酸でポット洗浄する予定なので、そのうち徐々に消えていくんじゃないかと…希望的観測。
 洗浄後のポットは、給湯口からのお湯の出が格段に良くなった。実はそろそろ寿命なのかと心配してたんだが、単に石灰が詰まってたんだなぁ。マメに手入れしなくちゃ、と反省。


 ところで、今回初めてクエン酸を使ってみたんだが、以前市販の「ポット洗浄剤」を使った時より、はるかに効果があったような気がする。(気のせい?) 価格的に見ても断然クエン酸がお得なので、今後はコーヒーメーカー等の洗浄にも、ガンガン使おう。
posted by ウメ at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン

2008年09月14日

義母宅の台所

 義母宅の古いオーブントースターがを噴いたとSOSが来て、電気機器に強い夫がすっ飛んで行った。
 調べてみたら、どうやら原因はトースターの底に溜まったパンくずや溶け落ちたチーズ等。掃除しないまま放置してたら、いつのまにかになってて、それが加熱されて燃えたらしい。

 確か夫と結婚する前の旧宅で見たことあるから、間違いなく20余年以上…ひょっとすると30年モノ?のトースター。 古い型なので、最近の製品のような「引き出し式のクズ受けトレイ」は付いていない。その代わり、兆番で留められた底蓋が手前に開くようになっている。そこを開ければクズを払い落とすくらいは簡単にできるのだが、やはり引き出し式のトレイに比べると、いささか面倒だ。

 
 使い込んで、もう掃除する気も失せるほど汚れまくっているので、義母はもういい加減、新しいのに買い換えたいらしい。 
 で、新しいトースターの選択を任された買い物上手(電化製品に限る)の夫、喜々として製品検索に励みながら、ぼそっと言った。
おふくろンとこの台所、片付け手伝ってやってくれんか
 新しいトースターの置き場所等を相談しながら、改めて台所の現状をしみじみ観察。母親の老いを痛感したのだという。


 嫁としても、それはかなり以前からの懸案事項。日々の台所仕事や、一族が集まる行事の時も、それなりに作業は出来るのだが、ものすごく効率が悪い。
 詰めすぎて取り出しにくい食器。出し入れが不便な大量の死蔵品。配置が悪いため非効率的な動線。在庫管理が出来ず、賞味期限切れが大量発生。カウンターや床等、見える場所にモノを置き過ぎて、掃除が行き届かない上に、見た目も雑然。

 ちょっと前まで、ウチの台所もそうだった。いや、まだ発展途上だけど、かなりマシになった。この快適さを是非義母にも味わって欲しい、日々の台所仕事を、気持ちの良い空間で楽しくこなして欲しいと思うのだけれど。

  仏壇の下のモノ入れや押入れや倉庫は、何度か一緒に片付けた。大量の死蔵品や処分品を二人で山と積み上げて、大笑いした。
 しかし台所に関しては、別なのだ。やんわりと「手伝いましょうか?」と幾度か言ってみた事があるが、「自分でぼちぼちやるからいい」という返事しか返ってこない。台所は女の城。おいそれと他人が手をつけて良い空間じゃないのだ。


 とりあえず今自分が出来るのは、行事で台所に立つ機会がある度に、大量のレジ袋やみかん袋等、主に溜め込んだ消耗品の中から古いモノをこっそり処分する事。洗物をしながら、普段行き届いてない、細かいところを少しずつ掃除する事等。

 というような事を夫に説明し、納得してもらったんだが。

 しかしこのまま義母が動くのを待ってたら、今年もこの状態のまま年越しになるような気がする。何とかして、せめてカウンターだけでも、モノを一掃できないか。一人でやるより、絶対二人の方がいいんだが。何か良い方法は無いものか。


------------------------------

本日の捨て
●汚れたキーホルダーストラップ
 いい加減買い換えようと思っていたところへ、Nさんからタイムリーなプレゼント。即刻付け替えて、処分。

●観葉植物のプラ鉢
 3ヶ月目にしてやっと二鉢植え替え。よくぞ枯れずに持ったもんだ。他に、ベランダでゴロゴロしていたのをいくつか。
posted by ウメ at 00:45| Comment(2) | TrackBack(0) | キッチン

2008年11月25日

即席麺1ケースの置き場所

 計、24袋が生協で届いた。とても1週間程度で食べきれるような量ではないので、どうしても保管場所が要る。
 これがカップ麺だったら食器棚上半分が満杯になる所だが、普通の袋入り麺なので、深目の引き出し一杯分くらいの量。それでも、食品庫が常に満杯のキッチンでは、十分持て余す。さて、どこに置くか?

 しばらくダンボール箱のまま床置きしていたが、さんざん考えたあげく、結局… 分散収納
 まず大サイズのタッパーに8個、皆が取りやすい場所に置いたので、これはすぐ無くなるはず。2個は昨日の昼飯で腹の中。残りは、食品庫の最奥にあったハンドミキサーを製菓用具入れに移動させ、そこに押し込んだ。タッパーの中身が減り次第、ここから掘り出して追加する。(忘れないようにしなくっちゃ!)
 でもやっぱり、箱入りのまま、まとめて置きたかった。追加補充とか、めんどいし。


 ふと見上げると、冷蔵庫の上に箱が5つ。カセットコンロと、電気コンロ、焼肉専用プレート、かき氷機が手動と電動の二種類。 こいつらどけたら、十分に置けたんじゃないか? …だめだめ。あんな生暖かい所に置いたら、賞味期限来る前に変質してしまう。

 そういえばここ、以前から何とかしたいと思っていたのだっけ。 冷蔵庫の上は、リビングから丸見え。そこに「PINGU」「強火自慢」「減脂焼き」だのといった、ロゴむき出しのダンボール箱が並ぶ様は、すこぶる見栄えが悪い。 放熱の事を考えても、箱をいくつも直置きしてるってのは良くない。
 だったら、すのこみたいなゲタを履かせるのはどうだ。箱類はここにここに置くしかないなら、せめて紙巻いて真っ白くしてやるとか
 
 日々の作業にはまったく困らないキッチンにはなったけど、あちこち手入れの必要な場所が、まだまだあるなー。日々、進化形。

-----------------------
本日の捨て
●娘の部屋から大量の紙モノ→廃棄
 中学の時の参考書とか、どっから出てきたんだ?

---------------------------

リンク追加。
こころと暮らしの便利屋日記
 やみくもに「捨てろ」と言わない姿勢に共感。そうなんだよね、捨てる事さえ出来れば、どんな汚部屋も一気に片付くのは皆判っている。でも、皆捨てられなくて苦しんでる
 依頼主と一緒に片付け作業する事で、心の整理をして貰い、整理整頓の方法を伝授。住人の行動パターンや生活習慣を推察し、「使いやすい」「リバウンドしない」収納を実現。
 いろいろと学ぶ事の多いブログ。
posted by ウメ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | キッチン

2008年11月29日

ベランダ手付かず

 午前中は学校行事、一旦あたふたと帰宅して、家事ルーティンやっつけて、その合間に急な来客の相手をして、夕方からイベント打ち上げ、今帰宅。結局ベランダの片付け手付かず。明日、午前中に洗濯機が来るのに。

 今から重い鉢植えを移動させる元気も無いので、明日、早朝頑張る。

-------------------------------

 義母宅のキッチンが、最近ますます凄くなっている。調理台付近は作業できるようになっているが、背後の作り付けの食器棚&カウンターは、完全にギブアップしたような雰囲気。 
 換気扇フードの上もフィルターもすごいことになっていて、中のシロッコファンは推して知るべしという感じ。 …掃除したい。片付けたい。

 清掃業者に頼むような話をしていたが、その前に周辺片付けなきゃとか言ってるので、いつになるかわからない。ここは一つ、私が一肌脱いじゃったほうがいいような気がする。換気扇が綺麗になったら、ついでにカウンターや収納庫やシンク下とかも片付けさせてくれないだろうか。

 賞味期限切れの大量廃棄や、探し物を繰り返す空しさは、私自身がよーっく身にしみている。そろそろ家事が難儀になって来た義母には、快適なキッチンで楽しく過ごして欲しいと思うのだ。

 でもなー、「掃除片付けさせてくれ」つーのは、つまり暗に「汚いよ」と言ってる事になるわけで。そのへん、実の娘でもない限り、なかなか難しいと思うんだわ。
 義姉さん、協力してくれんかなー。

------------------------------

本日の捨て
●角型洗濯ピンチハンガー→本体のみ廃棄
 プラスチックが劣化してきて、粉はボロボロ落ちるし、接続部分がブチブチ千切れて、ピンチの数がどんどん減ってきたので。ピンチだけはまだ元気なので、全部契って再利用。

 当地は直射日光が強すぎるのか、屋外のプラ製品の劣化がものすご早い。ニトリでアルミ製(990円)を買ってきたけど、果たしてどのくらい持つか。やっぱり、奮発してステンレス製にすべきだったかなー。
posted by ウメ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン

2008年12月03日

小蝿パニック!

 資源ごみ出そうと缶ゴミの蓋を開けたら、小蝿の蛹らしきモノがゴミ袋の内側にポツポツと!!!! 親蝿は飛んで来なかったけど、速攻で袋の口を縛り、ダッシュで玄関を飛び出して階段を駆け下り、門前に放り投げるように置いた(当地域は戸別収集)。

 そういえば最近缶ゴミの量が少ないので、3週間分溜め込んでいた。もちろん、ゴミバコに入れる前には必ず水ですすいでいるんだが、洗い残した残滓に小蝿がたかり、繁殖したに違いない。どんなに気をつけていても、窓やドアの開閉の際にちょくちょく紛れ込んでくるもんなぁ>小蝿 
  というわけで、急遽ゴミバコ掃除。キッチン泡ハイターやキッチンアルコールを盛大に吹きつけて、ウェスで拭き上げ。結構カビや黒ずみが付着して汚れている。ピカピカになった良いにおいのゴミバコに、新聞紙を敷きこんでゴミ袋セットして完了。
 今後、缶やプラ等の資源ゴミを長期保管する時は、徹底的に中を洗い流し、更に定期的に殺虫剤を散布しよう。

---------------------------------
 
 朝食の片付けでガスレンジの天板を拭きながら、五徳や汁受け皿の汚れが気になったので、軽く掃除。

 五徳と皿はシンクに運び、重曹水を拭きつけて放置、その間に火口を外して、金ブラシでゴシゴシ。
 以前火口を外して掃除したとき、3口あるコンロのうち1箇所がきちんとはまらくなって、炎のバランスが悪くて使えなくなった。今回、試しにもう一箇所の火口と取り替えたら大成功! スポッとハマって、綺麗な炎が出るようになった。 バンザイvv  …もしかして、畳と同じように、ハマり具合に微妙に違いがあるのか?

 重曹水で落ちなかったコゲつきを粉クレンザーで擦り落として、五徳&皿も完了。前回の徹底した大掃除の後、マメに手入れしているから掃除が楽。ついでなんで、午後は換気扇やろうかな♪

-----------------------

 昨日、2時間余りかかって冬物シャツ十数枚アイロンかけ。ツリーを出すためには、設置予定場所に置いてある大籠(アイロン予定の洗濯物を山積みしている)を、退けなきゃならない。

 でもまだ、夏物シャツが籠のふちから溢れている。今日中にカタをつけるのは難しいので、とりあえず籠ごと寝室に移動。(←そのまま冬を越す可能性大)
-------------------------

本日の捨て
●クリーニング屋のハンガー数本…返却
 クリーニングから戻ってきてそのまま使ってたヤツを、手持ちのハンガーと交換。マメに返さないと溜まる溜まる…
posted by ウメ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | キッチン

2008年12月05日

換気扇の重曹煮こみ

 台所最強の「ラスボス」、シロッコファン式深型レンジフードとの戦い… じゃなくて掃除。ここをやっつけさえすれば、後の掃除は皆、数は多いがザコばかり(でもないが)。ちんたらしすぎの「大掃除」にも、はずみがつくというもの。
--------------------------------

 黄色くなったフィルターカバーを半年振りに外し、ゴミバコへ。11ヶ月ぶりに、フィルター本体と内部のシロッコファンの掃除開始。
 前回はほとんど10年ぶりくらいの掃除だったので、かなり大変だった。それに比べたら、今回は楽勝なんじゃないかと。

 まずフード内側の掃除。フード縁周りの「油溜まり」は、前回は割り箸で削り取らなければならないほど油が固まって溜まっていたが、今回は重曹水を拭きつけてウェスで拭く程度で汚れが落ちる。

 そして問題のシロッコファン。実は自分、手荒れが年々酷くなってて、過激な洗剤はあまり使いたくない。そこで今回、「煮洗い」を試してみた。

 大鍋に水と重曹(量は適当)を入れて、汚れたファンを入れて煮込む。これだけ。 あまりに油ギトギトだったら、ある程度は拭ってからがいいと思うのだが、見たところそんなでもなかったので(あくまで自分基準)遠慮なくそのまま火に掛けた。鍋が浅かったので、途中でひっくり返したりしながら煮込むこと30分。(時間の加減が分からなかった)

 あまりにスゴかったので、感動の一枚。 

081205_fan.jpg
 
 何が凄かったって、鍋の汚水もそうだけど、汚れ落ちの素晴らしさ。前回諦めた、完全に固まった油まですっかり緩んで、鍋から上げた後は、とろとろ石鹸と重曹の粉末をつけた歯ブラシで軽く擦るだけで、するする汚れが落ちていった。掃除終了後は、ツルッピカーンである。 次回から、シロッコファンは即、重曹鍋で煮込むとしよう。強力洗剤と力任せの掃除からは卒業。
 
 しかしビタクラフト(鍋)も、まさか換気扇煮込むとは思わなかったろうな。


 フィルターは鍋に入らないので、シンクの中で給湯器の温度をMAXにしてぶっかけてみた。大正解。やっぱり油汚れは、温めるのが何より効く。
 さすがに熱湯を素手では触れないので、厚手のゴム手袋をして、とろとろ石鹸&重曹粉末(※注)のタッグで、歯ブラシで擦り洗い。 これで十分、汚れが落ちた。


 それにしても。この[上下二枚×3セット=計6枚、裏表計12面]のフィルターの掃除って、やっぱり大変。友人から、「食器洗い機に放り込む」という方法を聞いて、次回からそれで行こうか、と思っている。毎週末洗えば、多分カバーも必要ないから経済的。
 最新型のレンジフードのフィルターは、ツルンとした形状で、油は一箇所に溜まったのを捨てるだけで、すっごく掃除が楽らしい。いいなぁ。


 コンロ周りは、夏前の過酷な半日掃除以降、日々の家事のルーティンワークとしてようやく習慣づいているので、なんとかキレイ(自分基準)がキープ出来ている。

------------------------------
ルーティンワークにしている事
○五徳と汁受け皿
 ちょっと汚れたなと思ったらすぐ洗う(隔週程度)。シンクで重曹水をスプレーして放置。タワシで擦って流して完了。
○天板・カウンター
 料理の後は毎回軽く拭き掃除
○壁面(正面・右)・レンジフード外側
 ベタつきが気になったら、重曹水スプレーしてウェスで拭き掃除(隔週程度)。
○小物(鍋敷き・香炉セット)
 べたついたら丸洗い(月1〜2回程度)
-----------------------------------------

 なので、今回の掃除もいつも通り。フィルターやファンの掃除も、何年に一度の一大行事なんかにしないで、日頃のルーティンに組み込んでおけば、たいしたことないはずなのだ。
 しかし、その「習慣」を身につけるのが、一番困難だったりする… 

***注意***
 実は、アルミ製品に重曹は御法度。
案の定、当家のフイルターはすっかり黒ずんでしまわれました。

-----------------------------
本日の捨て
●不要土(洗面器一杯程度) …廃棄
 駐車場に、処分予定の園芸用土が放置されている。袋が破れて散らかったり猫が糞したりするので、とっとと処分して欲しいのだが、何故か何年もそのまま。誰もやらないなら自分が! というわけで、ゴミの日に小出しして減らしていくことにした。
posted by ウメ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン

2008年12月06日

引き出し整理整頓&掃除

 暇さえあれば「捨て物探し」の視線で家中を見てるんだが、もうほとんど無いと思われたキッチンでも、まだ出てくる。つまり、時間の経過とともに、保留にしていた「お悩み品」に踏ん切りがつくのだ。

 そんな「保留品」を吐き出しながら、調理台下引き出し掃除。浅い上段は、菜ばしやキッチンバサミといった、よく使う小物をざっくりと入れてある。中・下段は同じ深さで、中段はおたまや麺棒、下ろし金といった長尺のツール類、下段は主にざる・ボウルを重ねて保管。

 三段同時にひっくり返すと収拾つかなくなるので、各段毎に中身を出して重曹水で拭き掃除、戻してから次の段へ。久しぶりなので、微細な調理クズやゴミで結構汚れている。

 二段目三段目は、収納システムを少し変えようと、入れ替えたり余っていた書類boxをセットしてみたりしたが、どうもしっくりこない。結局元とあまり変わらず。
 でも、以前に比べると格段にモノが減っているので、出し入れのストレスはほとんど無い。

-------------------
本日の捨てモノ
●五層鍋オプションパーツ …廃棄
 独身の時に購入したビタクラフトの鍋セット。鍋自体は大活躍で、今までも今後もこれで十分なんだが、オプションパーツは20年来まったく使ってない。もったいなくて残してたけど、思い切って捨て。
●オーブントースター付属天板 …猫の餌皿台に転用
 アルミホイルで代用して十分間に合ってる。使い捨ての方が楽
●資源ごみ分解工具 …廃棄
 100均。ペットボトルのリング外しに便利だと思ったんだが、キッチン鋏で十分間に合う。
●包丁2本 …譲渡先探す
 ドイツ土産にヘンケルを貰ったため不要になったが、処分に困って仕方なく置いてた。今度こそ、なんとかして家から追い出す!
●コルク抜き …廃棄
 上等が2つもあるので100均のは要らない
●まな板 …譲渡先探す
 重くてデカいので使ってない。軽いの買ったし。
●そろばん …譲渡先探す
 息子の所から出てきた。もう一本あるから要らない
posted by ウメ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン

2008年12月07日

来客!パーティー!

 土曜夜、近所に住んでいる身内を呼んで、急遽軽い宴会を開く事になった。子供達が小さかった頃以来久しく開いてない、「一族揃ってのお誕生日会」である。
 当初は家族だけで外食する予定だったが、今回は息子の、「二十歳」の飲酒解禁祝い。一族の大人達の仲間入りという事で、おっさんおばさん達と酒盛りするのも悪くないんじゃないかと、お昼前に急に思いついちゃって。

 「突然」だから、料理がちゃちでも家が散らかっていても(笑)、簡単なつまみと大量の酒、あとはケーキさえあれば何とかなる。かくして、緊急パーティーの準備を、大急ぎで始めることになった。

 
 まず家の中をざっと見渡して総チェック。邪魔なモノをいくつか寝室に避難させ、家中からイスをかき集め、大人数座れるようにテーブルの向きを変え、掃除機をかけ、人間用トイレ猫トイレと玄関の掃除、キッチンの目立つ場所で唯一やり残していた、冷蔵庫横のスライド棚を綺麗に拭き掃除。

 相変わらずモノが多くて圧迫感があるけど(笑)、見苦しいほどではなくなったし、床置きのモノが少ないので、大至急の掃除もすぐ終わる。何より、丸見えのオープンキッチンを晒しても抵抗が無いってのが、嬉しい。 毎日ちまちま掃除片付けしといて、よかった。


 それから買い物に出かけ、ケーキや食材、つまみ等を買い込み、帰宅してからミートボールパスタ・豚しゃぶサラダ作製。いなり寿司の袋詰めは、夫と娘も総動員。調理台のごちゃごちゃが消えて広々としているので、作業も楽で早い。
 やっぱり調理台には、モノが無いのがベスト。水切りの撤去は無理としても、使わないとき仕舞う場所があったほうがいいかな?


 久しぶりの宴会はすごく楽しかった。息子も嬉しそうだったし、良いお祝いになって良かった。
 どんなに散らかっていても、サクッと後片付け。ぎゅうぎゅう詰めにならない余裕ある収納で、片付けの時もストレスが無い。義姉に「キッチン綺麗にしてるねー」と褒められたのが、何よりのご褒美。来週も整理整頓に燃えるぜ!(`・ω・´)
 
----------------------
本日の捨て
●ドピンクの子供洗面器(玩具)…廃棄
 猫の水入れのトレイ代わりにしていた(よくこぼすので)
●キャラメルソース…廃棄
 甘すぎてなかなか減らないまま賞味期限切れていた
●ホウ酸 …廃棄
 何のために買ったか記憶が無い
●石灰の防湿材数個…廃棄
 日にち経ちすぎて役立たず
posted by ウメ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン

2008年12月11日

義母宅の換気扇を煮込む

 先日の義母宅食洗機トラブルの時、台所掃除の話になって、盛り上がったついでに「換気扇とレンジフード、コンロの掃除をさせてください!」と申し出た。
 「カウンターの片付けが終わってから」とか、「整理は自分でどうにかするから」とごねるので、「換気扇とレンジ周りしかやりませんから大丈夫!周辺の片付けはお義母さんにお任せしますから」と押し切った。

 もちろん、換気扇だけで終わらせるつもりは毛頭無い。 換気扇掃除するには、邪魔になる周辺のモノを退けないと作業が出来ない。大きなアルミフィルターやシロッコファンの洗浄には、シンク周辺もカラにしておく必要がある。
 ってことは、カウンター上から綺麗さっぱりモノが消えるという事。多分それだけで、義母にはかなりのカルチャーショックになるはずだ。

 広々と光り輝く調理台を見たら、「モノが出てないキッチンの美しさ」と、「作業や掃除のし易さ」に気づくはず。振り返って、背後の雪崩を起こしそうな食器棚とカウンターを見たら、絶対「今すぐ何とかしよう」と思うはず。
 換気扇の掃除で信任を得たら、流れで食器棚やカウンターの整理整頓まで手伝わせてもらえるはず。自分としてはそっちがメイン。換気扇掃除はあくまで前哨戦のつもり。


 というわけで、昨日のお昼過ぎ、お掃除セット一式と大量のウェス、換気扇を煮込む大鍋を抱えて、義母宅に突撃した。
 「二時にキッチンメーカーの人が、食洗機の型式チェックに来るのに〜」と言うのを、「邪魔にはなりませんからー」と言いながら、養生の新聞紙を床に敷き詰め、ガンガン作業開始。長くなったので続きはこちらから
posted by ウメ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | キッチン

2008年12月12日

義母宅台所・未完

 義母宅換気扇掃除の翌日。
 さすがに少々疲れが残っていたので、恐らく義母はもっとくたびれているはず。 とすると、「今から行きますよ」と電話入れたりしたら、確実に「疲れてるから後日にしよう」と断られるだろうなと推察。 

 しかし自分は明日は予定が入ってるし、更に後日になるとズルズル引き伸ばされて、中途半端なまま年が明けるような気が。
 だったら、いきなり行けば追い返すわけにも行かないはず、と判断して、掃除セット一式抱えて、朝からアポ無し突撃した。

 案の定今日の作業は断るつもりだったらしい義母。バケツ抱えて玄関に立つ私を見て、驚いたというか呆れた様子だったが、遠慮なくズカズカ上がりこむ私の勢いに押されて、諦めて掃除の続きに付き合う事に。


 今日の作業は、天井付近や冷蔵庫上等、高所の片付け&拭き掃除と、収納庫上カウンターを整理整頓して、電子レンジ等電化製品の移動。
以下、長くなるので続きはこちらに。
posted by ウメ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン

2008年12月14日

台所集中拭き掃除

 今日は台所を集中的に。
 大物(換気扇周り)は終わったので、もっぱら拭き掃除ばかり。楽勝のように思われたが、ここ何年かろくに掃除してなかったから、コンロ近くの桟や扉の上は埃と油が合体してるし、冷蔵庫の上なんかは、わたぼこりと言うより綿布団のごとく積もっていた。

 食器棚カウンター下の収納庫や引き出しは、ほとんど汚れてないつもりでいたんだが、意外と細かいゴミが落ちてたりする。年に一度やっておけば、重曹水や洗剤など使わずに、簡単な水拭きかカラ拭き程度で済むはず。

 とりあえず中身全部出して、仕切りケース等洗えるものは丸洗い、拭きながら収納も見直し。捨てモノも探したけど、台所は普段からマメに掘り出しているので、ほとんど出てこなかった。 …いや、悩み中のモノは結構あるんだけどね。

-------------------------
「108の不用品を捨ててすっきり新年を迎えようキャンペーン」
本日の捨て

32.壊れたドライヤー…廃棄
 朝から分解を試みた夫、意外と複雑な造りで、再生不可と判断したらしい。コードだけちょんぎって、別の家電品にくっつけて再利用
33.大皿2枚…廃棄
 義実家取り壊し前に貰ったから、30年以上前のだと思う。もうパーティーとかほとんどしないし、変色して染みが取れそうにないので廃棄
34.ミニチュア酒瓶…廃棄
 カラだった(揮発したのかも)

残り74個
 ちょっとペース上げなきゃー。
 明日はシンク下と冷蔵庫。これでとりあえず台所は完遂する!
posted by ウメ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン

2008年12月18日

クエン酸で食洗機洗浄

 先日、初めてクエン酸で食器洗い乾燥機の洗浄を試みた。
 before画像を撮り忘れたのだが、17年間、一度も庫内洗浄をしないまま使い続けた食洗機がどういう状態になるのか、古ヤカンや出の悪くなった沸騰ポットの内側を想像して頂けると、おわかりになるかと。 庫内はほぼ全面、まるでセメントを薄塗りしたような状態。食器カゴは、白っぽくザラザラの手触りに。

 で、これは1回目の洗浄直後の画像。専用洗剤ではなく、クエン酸を大匙四杯程度投入、全自動コース(強)で一回ししたところ。

081216_shokusenki1.jpg

 正直、ちょっとびっくりした。思わず「ピカピカー!」と叫んでしまった程。 画像見る限りでは「どこが?」という感じだが(笑)、それほどに酷かったのだ。蓋のステンレス部分に付着した石灰分が、ほとんど落ちている。ザラザラだった食器籠も、ツルツルに。 経年劣化でザラついてるんだと思ってたが、石灰が付着してたんだなぁ。

 でも底のほうは、まだかなり石灰が残っている。で、立て続けにもう一度洗浄。ところがクエン酸が底を尽き、どうしても量が足りない。
 ふと思いついて、僅かに残っていたすんごく古い酢を一緒に投入してみた。

 2回目、クエン酸+醸造酢で洗浄後の画像。
081216_shokusenki2.jpg

 今度こそ、胸張って「ピカピカ!」と言ってもいいかな?(笑) 酢のにおいもまったく残ってない。 やっぱり底の方は今ひとつなんだが、薄くなってるのは確か。 あと何回か間を空けずに洗浄したら、かなりキレイになるんじゃないだろうか。

----------------------------

 昨日、電気屋さんが来て、洗剤投入口の故障パーツ交換。修理代、8500円也。 これでしばらくは安心、と思ってたら、
「電子部品の樹脂コーティングが、経年劣化で溶けてますね〜。こちらもそろそろ寿命かも
 もしかして、8500円の投資は無駄になるかもって事? 確かに、義母宅のと同じ17年モノだし。でもせめてあと3年、いや5年は頑張って欲しいんだが。


 ところで。実は義母宅の食洗機故障には、犯人が居た。制御部分をこじあけた時、電子部品周辺から、チャバネゴキブリがわんさか出てきたのだ。確かに経年劣化もあったろうけど、突然壊れた原因は、恐らくこいつらのせいだろう、と。(そういえば、クーラーの室外機にヤモリやゴキブリが入り込んで壊れる、ってのもよく聞くな〜)
 うちの食洗機にも、当然入り込んでる可能性があると言われて、掃除機掴んで身構えてたんだが、一匹も出てこなかったよ!バンザイ!! 

 一匹でも侵入を許したらオワリだと思ってるから、とにかく日頃から、神経質になくらい気をつけている。網戸開けっ放し厳禁、ドアの開閉は素早く、泥付き野菜とキャンプ帰りの荷物は即時チェック等々、口すっぱく注意してて良かった。 

 てことは、もうしばらく長生きしてくれる可能性があるってことで>食洗機  これからはクエン酸でマメにお手入れしますんで、頼みますよ、長老。

 というわけで、物置から出てきた別の「ホウ酸ダンゴ」のパックを、「来るな居付くな近寄るな」と願いを込めて、廃棄。

-----------------------------

「108の不用品を捨ててすっきり新年を迎えようキャンペーン」
本日の捨て

54.アースホウ酸ダンゴ…再利用
 即ゴミバコへ…の手を止めて、駐車場の出没しそうな場所にばら撒いてきた。でも時期的に、効果薄…

残り54個  やっと半分。
posted by ウメ at 08:48| Comment(2) | TrackBack(0) | キッチン

2009年01月28日

捨てずに使い切る

 とっとと在庫を減らしたいモノが、台所にいくつかある。

 まず大量のペーパーナプキン。輸入物の洒落たプリント柄が大好きで、一時期マニアックに収集していたため、引き出しの半分を埋め尽くしている。しかし片付けの作業の中で、こういうのって食器と同じで、使ってナンボじゃないのかと気がついた。
 弁当に添えたり、パンや菓子類の敷き紙に使って、ガンガン減らしていこう。


 それから、使い捨てのプラスチック椀や皿やコップ。 宴会は普通の食器で十分間に合うし、手作り弁当を持参するような屋外イベントも皆無。気がついたら外袋が劣化してて、ちょっと人様にはあげられない状態になってた。

 で、椀の方は袋から出して食器棚へ。ここに入れとけば、忘れずに使い切れるはず。駄菓子豆菓子を入れるのに丁度いいから、どんどん使って処分しよう。皿とコップは、4月の墓参り(清明祭)に義実家に持参して使い切る。
 …かなり先だけど、忘れないかな?(汗)


 それから、紅茶缶(中身入り)5個。賞味期限不明。紅茶は冬しか飲まないので、只今絶賛飲み切りキャンペーン中。
 コーヒーサーバー(←自分は飲み物全般コレで淹れる)に缶から直接、目分量でドサッと茶葉を入れて、でっかいマグカップで、日に2,3杯は飲んでいる。

 優美なティーポットやカップやミルクジャグ等、お道具は大量にあるんだが、繊細な磁器は気を使うし、洗うのが難儀でほとんど出番が無い。 それこそ「使ってナンボ」なんだから、「集めて満足」してないで、面倒がらずに「優雅なティータイム」してみたらどうだ>自分

 しかし。この雑然とした部屋では、今ひとつ気分が盛り上がらないんですが。
---------------------------------

「2009年2009個の不用品を捨てようスペシャル」
 ★本日の捨て★

240.パイプ枕…廃棄
 そろそろ20年モノ(爆) 洗って再利用も考えたけど、ストックがまだあるのでやめた
241-248.竹割り箸8本…掃除用に
 ものすごく使い易いので、菜箸や普段使いにちょくちょく再利用してたんだけど、もうやめる
249-268.使い捨てプラスチック椀20個…使い切る
 オヤツ皿に
269.イージーパンツの腰紐…廃棄
 すっぽ抜けた。通し直すのが面倒

残り1740個
posted by ウメ at 18:05| Comment(2) | TrackBack(0) | キッチン

2009年02月04日

カップとタッパー減らせ

 自分、普段はマグカップでガブ飲みしかしないくせに、コーヒー/ティーカップがやたら多い。

 実際にはたいした数ではないのだが、うちの食器棚のカップ用スペースのキャパからすると、乗車率140%ってとこ。 限界までぎっちり詰め込んでいるので、手前に置かれたモノしか使えない。 来客の時、奥のほうのあのカップが使いたいとか思っても、雪崩に注意しながら発掘するのが面倒で、結局出さない。


 密閉容器も同様。蓋と本体を分けて、できるだけ嵩張らないように収納しているのだが、どうも量が多すぎる

 最近、キッチンの表に出ている色が、白・ウッド・スチールにまとまりつつあるもんで、無駄にカラフルな蓋の密閉容器の出番がかなり減った。…せめて蓋が白だったら良かったのに。
 その上、このちょっと昔の「タッパー」、耐熱じゃないのでレンジも食洗機も不可。 最近は冷凍庫から出してすぐチンが可能で食洗機も平気、おまけに激安嵩張らない! という商品がゴロゴロあるから、ついついそっちの方が増えちゃって、しかも使用頻度が高い。

 大型容器は、ダンボールに詰めて別の部屋に移動させた。中・小型容器は、昨年ある程度処分はしたけど、まだちょっとごちゃついている。結構高かった記憶があるけど、今の生活スタイルにはちょっと余分。思い切って減らすか…


 即処分は出来そうも無いので、とりあえず「今すぐは使わない」というモノを間引きして、しばらく寝かせておこうと思う。未練が断ち切れたら、その時スッパリと。(いつになるかわからないけど)
 8割収納程度になれば、かなり使いやすくなるはず。
-----------------------------

「2009年2009個の不用品を捨てようスペシャル」

 ★本日の捨て★
317-322.泥パツク試供品6個…廃棄
 面倒で使わないまま2年放置
323.薔薇のドライハーブの入浴剤…廃棄
 古すぎて変な匂いに(涙) とっとと使えばよかった
324.洗髪用マッサージブラシ…廃棄
 シリコンの櫛歯が完全に劣化したので買い替え
325.キッチンハイター空容器…廃棄
 やっと1本使い切った(在庫把握出来なくてダブってた)
326.100均のカラーペン(緑)…廃棄
 使い切った。でもまだ3ダースくらいある…
327.ハートのクッキー型…廃棄
 娘の手作りチョコキットの備品。同じ物があるので廃棄。今年も2/14前日は台所が修羅場になるのかなぁ
328.空き瓶…廃棄
 ゆかりが入ってた。別容器に入れ替え

残り1681個
posted by ウメ at 15:34| Comment(4) | TrackBack(0) | キッチン

2009年02月14日

嵩張る製菓道具

 朝っぱらから、娘がバレンタインのチョコ菓子作りにやっきになっている。台所を完全に乗っ取られたので(一人でやるから来ないで! と言われた)、朝食はミューズリと牛乳で済ますしかない。
 
 来るなと言われたが、道具探しでいちいち呼ばれる。
「粉ふるいどこ?」「ハートの抜き型は?」「麺棒は?」
 台所改革がまだ進行中なので、毎週モノの置き場所が変わるのだ。 特に、整理が後回しになっている製菓道具は3,4箇所に分散していて、私自身もうろ覚えだったりする。

で、引っ張り出してみた。
090214_seikayougu.jpg
画像にすると、ごちゃごちゃ度がリアルに迫ってくるなー(笑)

 以前ほど出番が無いとは言え、やっぱり一箇所に固めるべきだよなー。 娘が台所に立つ事も、今後は増えそうだし。 …菓子だけじゃなく、「飯」も作ってくれるとありがたいんだけど。


 でも製菓用具って、やたら嵩張るんだわ。各種サイズがあるケーキやパイ型は入れ子に出来るからまだいい。しかしシフォンケーキ型とかパン型とかパウンドケーキ型とか、どうにも重ね様が無いモノは、どうすればいいんだ。
 多分もう作らない食パン型なんかは、処分しようかと思ってたんだが、娘が見つけて「いつか私が作るから置いといて!」とストップをかけられた。


 そういえばここにある製菓用品の半分は、実家の母からのお下がり。 お菓子教室の帰りには即日道具を買ってきて、一回くらいは作ってたっけ。 実家建替えでオーブン撤去、仕舞いこんでいた製菓用品が、全部私のところに回ってきた。

 いちいち揃えていると結構な値段するし、腐るモンじゃないんだから、娘のために残しておくとするか。 たまに目にする場所に置いとけば、「作ってみたい」と興味を持ってくれるだろう。

 私? 時間と手間がかかって後片付けが大変な、神経使う繊細な菓子は、もう作らない。 切って焼くだけの冷凍クッキーや、ビニール袋で混ぜる適当スコーン、サラダ油とココアで作る安上がりブラウニー、ミキサーで混ぜる超楽ちんチーズケーキ、冷凍パイシートの手抜きアップルパイくらいなら、たまに焼くけど。 自分で食べるためと言うより、手土産やおもてなしの時に。

 さて。製菓道具、片付けてみましょーかね。
posted by ウメ at 11:42| Comment(2) | TrackBack(0) | キッチン