2007年06月26日

クーラーを掃除した

 5日ぶりにリビングのクーラーが直った。やはり室外機の電算部がイカレてたらしい。
 5年保障掛けてて良かった。有償だと、部品+技術料+出張料で23,000円かかるとこだった。

  先日電気屋さんが下見に来る前に、一応フィルターの掃除しておこうか、と室内機の中を覘いた。なんと、内部全体に黒かびが大発生がく〜(落胆した顔) 道理で最近妙なニオイがすると思った。
 コレはとても人様に見せられないと、と、慌ててクーラーの大掃除を決行。……月に何度かフィルターのホコリ取る程度では、掃除のうちに入らないのね。


 ところで、何でクーラーってこんなに掃除がしにくいの? こんなに汚れるモノなら、扇風機の羽や冷蔵庫内部のように、バラバラにして水洗い出来るようにすべきじゃないのか。

 風向羽の間から、洗剤付きボロ布を巻いた割り箸を差し込んで、目に見える部分で届くところは全部拭き掃除。
 そしてその上に付いている送風羽。…コレがまた酷かった。無数の細かい鉄羽全体にびっしり付いたホコリもうやだ〜(悲しい顔)  これは割り箸も入らない。どうしたもんかと頭を捻って、ほとんど使ってないビン洗いブラシ(100金均)を持ち出した。
 こいつを横に寝かせて、羽に沿ってゴシゴシやると、カビだか煤だか、真っ黒なカタマリが雪のように降ってくるのだーー! 
 ソレが顔にも服にも飛んできてタマランので、掃除機を傍らの本棚の上に寝かせ、片手にホース握って吸い込みながら掃除続行。
 それでもどうしても取りこぼす黒い雪が、あちこちに降りかかる。擦ったり踏んだりすると塗りつぶしたみたいになって余計汚れるので、時々脚立を降りて、用心深く掃除機で回収。

 そんなこんなで約1時間、クーラーのカビ&埃汚れと格闘。どうにか、人様に見せても恥ずかしくない状態になった。
 完璧じゃないけど、ワタシ的にokだからもういい。いいんだ。


 リビングのクーラーがこのザマなんだから、掃除頻度が低い息子の部屋や主寝室のクーラーの中身がどうなってるのか、想像するのも恐ろしい。
 見たらやらざるを得ないだろうけど、その前に。降り積もる黒い雪対策で、クーラーの真下と周辺の片付けが先なのだ。
 うう… どうする? いつやる?
posted by ウメ at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング

2008年05月24日

クーラーを丸洗いしたい

 結局今日もアイロンがけ手付かず。だって暑いんだもんよ… 最高気温30℃だぜ。それでも頑張って「まだ5月! 扇風機で耐えるべし」と意地張ってたら、とてもじゃないがアイロン出そうという気分にはならなかった。ま、いいんだ。急ぎのヤツがあるじゃなし。でもこのまま行くと、来週には40枚が50枚になるな。

今日の成果
○トイレ掃除半分
○クーラー掃除


 トイレの便器周りは、ちょっとでも汚れが目立つと即ペーパーでぬぐったり軽く掃除したりしているので、頑固な汚れは無い。
 が、水タンク後ろの出窓や周辺の雑貨、壁が薄汚れているような気がするんで、ざっと拭いてみたら… こ、こんなに汚れてたのか。ホコリもそうだけど、なんだか「ヤニ」の汚れに似たような「色」が付いてるのだ
 我が家は煙草吸いが居ないので別の原因の汚れなんだろうけど、何だろうこれ? ともかく、今日は根詰めた掃除はする気にならないので次回に持ち越し。

次回のトイレ掃除の課題
○壁、天井、床を洗剤拭き
○照明、換気扇掃除
○出窓の雑貨の見直し
○手洗い磨き上げ


 それと、以前から気になってる事が一つ。ドアの真上、天井付近に設置した突っ張り棚の見栄えがすこぶる悪いのだ。これ、ほんとに何とかしたい。
 そしてタイル張りの土間に夫の命令で置かれた、トイレすのこ。これも大嫌いなので撤去したい。替わりに小洒落たスリッパ置いて。
 あと、手洗いのリキッドソープとトイレ洗剤のスプレーボトル、できれば真っ白のボトルに詰め替えたい。とりあえず100均のでいいか。こちらはさっさと出来そうだ。
 
 しかしウチのトイレの一番の課題は、1uにわたって剥がされた壁紙。コレ実は、新築直後に子供達に破られて以後そのままになってるのだ。とりあえずつっぱり棒で長のれんのような布をつるして、そこんとこだけカバーしてるけど、壁紙張り替えるか全部ひっぺがして塗り替えたい。手間と予算から言うと塗り替えしかないんだけど。いつになるかな。
 
 まだあるぞ。割れた便座の取替え。絶対いつか、誰かおケツを挟むに違いない。はっきり言ってコレが最重要課題じゃないか?
 欲しいのは木製の便座。温かみがあって大好きだv 予算が許せばなぁ…



 夜になると風も入らなくなり、さすがに耐えられなくなってクーラーON。そしたら夫が「何かカビみたいのが降って来た!」と大騒ぎ。
 いくらなんでもカビは塊で降りゃせんだろう、多分ホコリか何かだろうが、即刻クーラー掃除開始となった。
 
 まず集塵フィルターを外して、掃除機でブラッシングしながら吸い上げる。この部品は定期的に掃除しているので、あまり汚れていない。でも、その奥の微細な空気清浄フイルター(使い捨て)の方は、新しいモノに取り替えた方が良さそうだ。

 次に台所用のアルコール除菌スプレーを布に吹き付けて、それで送風口周辺の見える部分のカビやホコリを拭う。夫はここまでやって満足したようだが、実は最重要かつ最難関はその奥。高速回転する、円筒形の送風ファン。1cm間隔で並ぶ羽に、真っ黒に変色したホコリ汚れがみっしり付いているのだ。

 昨年夏、私は初めてそこんとこを一人で掃除した。取り外せない上に見えにくく、狭くて道具も使えないから、かなり苦労した。
 羽を一枚一枚拭くというのは不可能に等しいので、瓶洗い用のワイヤー柄付きブラシを隙間という隙間に突っ込んで、ガサガサ掻き出した。「黒い雪」が、顔といわず服や床に飛び散り降り積もって、かなりびびったっけ。

 幸い、昨年頑張ったせいか、今年の黒い雪はたいした量ではなかった。しかしもうちょっとマメに掃除すれば、てゆーか、丸ごと外して洗えたら、どんなに楽でキレイになることか! 

 エアコンクリーニングサービスは高すぎる。そういえば、「自動掃除機能付き」のエアコンも出てるらしいけど。高機能を追求するのもいいけど、シロウトが気軽に分解して掃除できるような、もっと単純な造りにして貰えないだろうか>家電メーカー様

 
 この記事書きながら思い出した。クーラーはあと2台。寝室と、息子の部屋にもある。双方とも、徹底した掃除はしばらくやってない。「課題」に追記しておかなくちゃ…_| ̄|○
posted by ウメ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング

2008年05月29日

今日は快調

 昨日は体調不良でほとんど何も進まず、ダラダラ過ごしてしまった。やはり風邪気味なのかな? 何も書くネタが無いってのは寂しいもんだ。
 そういえば。下痢気味で食欲も無かったせいか、体重がいつもより減ってた。怪我の功名?(笑) ちなみに、家と同時進行で自身もダイエット決行中。不思議な事に、モチベーションが一緒なのだわ。片づけがはかどると、ダイエットにも弾みがつく。

 今日は幾分身体がマシなので、昨日の予定をそのまま繰り越すことにする。

今日の予定
○手芸道具仕分け続き
○アイロン掛け




 「予定は未定」とは言うけれど。なんかここのところ、予定以外の作業ばかりやっている。一種の逃避。

今日の成果
○夫のPC周り掃除
○物置になっている夫のギターアンプの上掃除


 何度言ってもやってくれないので、夫のPCデスクとアンプ周辺を勝手に掃除。いや、先月微妙に片付けている様子ではあったのだが、中途で放り出したままになってたので。(…まさかこれで完璧と思ってるとか?)
 定位置のあるモノは元の場所に戻し、ゴミを捨てて掃除機でホコリを取り、わけのわからないモノは100均の新聞ストッカーに纏めて放り込んでで、ものの5分もかからず終了。モニター周囲でとぐろを巻いているケーブル・コード類は、どうしようもないので放置。(ぐるぐる巻いてワイヤー等で束ねると落ち着くと思うんだが)
 しかし平らな面が見えるようになっただけで、こんなにもすっきりするものなのか。上下の棚の整理は後日。


 つい最近まで自分のPC周り(子供達と共用)も似たようなモンだったが、汚部屋脱却の決意以降、「まずは手近な所からから」と、特に気をつけて綺麗にしていた。
 子供達も次第に「席を立つ時は元の状態に」が習慣に… なりつつある。まだ、ヘッドホンやケーブルを常に定位置に戻すまでには至ってないけど。
 正直、「使ったら元の位置に戻せ、食器は片付けろ、ゴミ捨てろ」などといちいち口すっぱく言うのは面倒くさい。連中が動くのを待つより、自分でやった方が早い。でもそれだと、「躾」にならない。特に息子。このままではヨメが来ない。来ても逃げられるか、私達が恨まれる…


 2chの掃除関連板で紹介されてた。
「掃除のモチベーションを上げるBGM」
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm1337495

 軽いサンバ・ボサノバ系のすっごい爽やかなサウンド。コレは効きます。本当にはかどる。
posted by ウメ at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング

2008年06月26日

テレビ棚片付け

 「6月中に不用品1割削減目標」とか言いながら、全然はかどってない。今月も残り幾日も無いのに、週末は既に予定が入っている。まぁしかし、家族にも自分にも負担の無いペースでとなると、こんなもんだろう。最終的に、年末の大掃除が楽〜になればいいのだ。


 期限付きの「仕事」がとりあえず終わったので、今日はテレビ棚上のファイルケースに着手。
posted by ウメ at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング

2008年07月08日

やっと天井扇掃除

 先日「天井扇掃除」とか書いておきながら、実は先延ばししてやってなかった。羽にひっかかっているホコリは油交じりらしく、クイックルワイパーの柄を伸ばして撫で撫でしたくらいでは、まったく取れなかったのだ。

 見るたびに気になりながら、今日ようやく重い腰を上げ、脚立を引っ張り出してきた。たっぷり重曹水をスプレーしたウェスで、全部の羽と照明の傘を拭き掃除。早い時期の処置でよかったよ。もうしばらく放置して汚れが固まってきたら、ちょっと拭いたくらいでは取れなくなるところだった。

 台所ではマメに換気扇を回し、揚げ物はしない。食卓でも焼肉等はせず、喫煙者も居ないが、台所から流れてくる油煙で、十二分に汚れるんだなぁ。ウチはタダでさえ掃除の頻度が少ないのに、これでヤニ汚れなんかが合体したら、家中黄色くなって大変なことになるだろう。あの汚れは、ちょっとやそっとじゃ取れないから。


 ついでにテーブルにも重曹スプレーして拭いてみたら、なんとウェスが真っ黒に。かなり驚いた、というか慌てた。一応、いつも台拭きで拭いてるつもりなんだけど。常識的な頻度で。 なのにこの汚れは何? てゆーかなんで汚れてるの?

 つまり、軽い水拭きじゃ落ちない汚れってことだ。
 うちのテーブルは結構大きいので、食卓以外に電化製品を弄る作業台であり勉強机であり荷造り台であり裁縫台でもある。洗濯物も畳むし、掃除片付けの際にはホコリを被ったモノを積み上げて拭いたり、仕分け台にもする。そういったモノからの汚れが、移っちゃったんだ。

 ぱっと見わからないけど、実は結構汚れたんだな。分かってよかった。今後は台拭きだけじゃなく、重曹スプレーでもせっせと拭き上げよう。

----------------------------

 地震! 

 いつもより揺れが大きく長いので、これはもしかしてもっと揺れるかなと身構えたけど、特に何が落ちてくるという事も無く収まった。即刻TVを見ると、震度3。震源地近くでは震度5弱だったようだ。

 このあたりは震度0〜1程度の小さな揺れは頻繁にあるが、震度2以上はほとんど経験した事が無い。大規模地震の記録も無いので、建物の耐震強度が、他地域の基準より若干低い。ウチなんか、「地震なんか絶対来ないと思ってるだろ」みたいな家具の置き方してるし。

 改めて、「片付け」に力入れよう、と思った。いざという時にモノに阻まれて逃げ遅れ、更にモノに埋もれて圧死では、悲しすぎる。
posted by ウメ at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング

2008年10月15日

美しいラベリング

 オーディオ棚の最上段は、家中の「取扱説明書・保証書」の保管場所。ファイルボックス3つに、「TV・DVD/VHS録画機、カメラ、携帯等」「オーディオ機器、楽器」「台所家電、その他」と分類・整理してある。
 
 使い方を覚えるまではひっきりなしにマニュアルを開くので、すぐ近くにあったほうが良い。なので、新しく家電品を買ったら、マニュアルは透明ファイルに挟んで、すぐ手に取れる場所に置いている。あらかた頭に入ったら、ファイルごとボックスに収納。


 そろそろ「台所家電・その他」のボックスがパンパンなので、もう一つBOXを増やさなきゃなー と思いながら、中身を整理。年に一度くらいは見返しておかないと、廃棄した家電のマニュアルが、いつまでも残っていたりするし。

 ついでに、ボックスにラベリング。同じ形のケースが6個も並んでるんで、「どこに何が入ってるかわからん」と、長年家族に不評だった。(自分も不便だとは思ってた)

 100均のシールにマジックで中身を書いて貼るだけのイージーな作業を、なんで今までやってなかったのかというと。 実は自分は稀代の悪筆で、この年になっても筆跡が小学生並。箱やファイルにラベルを貼るということは、四六時中そのきったない字を見るっちゅーことで、それは自分にとってものすごいストレスなのだ。


 「取扱説明書/保証書」「テレビ」「台所家電」などとシールが貼られたファイルケースは、確かに一目で中身が探し出せるので便利になったが、   …やっぱり美しくない。情けない字のラベルのせいで。

 こちらのワザなんかはもう、芸術の域なんじゃなかろうか。私にはスキルが高すぎて(面倒くさい)多分無理。
 どーにかして簡単且つ安価で美しくラベリングが出来ないかと思っていたら、日参しているブログに、こんな製品が紹介されているのを発見。

 これなら私にも、美しいラベリングが可能な気がする♪ 

 事務用のラベルライターは、高価な上印字も可愛げが無いので今ひとつ買う気が起きなかったが、コレならへそくりで買えるし。
 家中の収納にラベル貼りまくったら、かなりリバウンド防止になると思うのだ。


 …家の中が事務所みたいになる可能性もあるが。
posted by ウメ at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング

2008年11月09日

義母宅リビングに収納棚を

 義母と家具屋巡りする予定だったのだが、雨で気が乗らないらしく、中止。


 先月、念願の「飾り棚」を買った義母。180cm高、三面ガラス貼りで背板は鏡、内部照明付き。リビングにデーンと据えて、コレクションしているカップ類を、美しくディスプレイしている。

 それまで使っていた味気ないスチール枠&強化ガラスの腰高の飾り棚は、義母に何の相談も無しに義父が突然買ってきたものらしい。 デパートのフロアじゃあるまいし! と義母は非常に不満だったが、「文句も言えずずーっと我慢していた」と、嫁達は何度も聞かされてきた(笑)。

 同様、これも義母がさんざん吟味して最近購入した、アイボリーのソファ。そこにゆったりと腰掛けて、コレクションを眺めながら午後のコーヒーを頂くのが、義母の至福のひととき。 亭主関白な義父の介護から開放された今、残りの余生は本当に好きなものだけに囲まれて、ゆったりと過ごして欲しいと切に思う。


 ところが、その「飾り棚」を置いたために、「デパート棚」に収まっていたモノの行き場が無くなった。

 棚本体は、玄関ホールでグリーンや良さげな壷等を飾り、上手く使っている。ところがその他の装飾品や雑貨は、仏間の座卓の上に一時置きのつもりで積み上げたままになっている。それらを収納する棚が、飾り棚の隣に新たに欲しいという事で、家具屋巡りをする予定だったのだ。


 義父は捨て上手でもあったが、衝動買いも多かった。 見飽きた旅行土産の民芸品、キンキラの贈答品、壷、オルゴール、置時計、雑誌、文具etc、テイストも見事にバラバラ。以前はこれが全部丸見えの状態で並んでいたので、かなり雑然としていた。

 義母は好き嫌いがはっきりしているので、恐らく置きたくないモノもあるように思うのだが、全部並べる気満々に見える。 やはり義父の遺したモノを安易に処分する気にはならないのだろう。でも、以前と同じように全部並べたら、間違いなく今の豪華なリビングの雰囲気はぶち壊しになる(苦笑)。


 やはりここは一つ、「厳選して飾る」事をお勧めした方がいいんだろうなぁ。選に漏れたモノは、丁寧にパッキングして別の場所(押し入れや物置)に保管し、「飽きたら出して交換する」方式にすれば良いのでは、と。 …多分しないと思うけど。

 上部がオープン棚、下部が扉か引き出しになってる収納家具を選び、雑多な生活雑貨をそこに納めれば、リビングはスッキリするはず。一人暮らしなので、本当に必要な収納物は、かなり少ないはずだ。
 リビングの綺麗がキープされたら、雪崩を起こすキッチンの収納も、見直してくれるのじゃないかと密かに期待。「汚・乱雑」は油断するとあっという間に広がるけど、「綺麗」も伝染するのだ。

------------------------
本日の捨て
●おにぎりパック
 もう運動会やピクニックの機会も無いし
●貝割れ大根水栽培セット
 不用品交換会の残り物
posted by ウメ at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | リビング

2008年11月16日

PCラック掃除

 昨日、珍しく夫が「明日はPC周り片付ける」と宣言した。わーお!

 気が変わらないうちにと、今日は朝食後すぐに掃除機・クイックルワイパー等のお掃除セットをデン!と並べ、「さぁ始めるぞ」とやる気満々の私。ところが、なーんか気乗りしなさそうな夫。なんだよ、昨日の発言は気紛れか? 
 
 気紛れでも何でも、今日手を付けないんなら、明日私が思いっきり捨てまくるからね、というオーラ全開で、まずは自分のPCラックを掃除。収納してるモノは少ないし、普段から要不要チェックして捨てまくってるから、埃除去だけでおしまい。

 隣で、なかなか作業が進まない夫。ついそこらじゅうのモノを掘り出して、「これは要る?これは捨てていい?これは?これは?」とやってたら、「自分でやるから触るな」と逆切れされた。

 それは申し訳ございませんでした。でもね、貴方のやりかたでは、絶対に今日中に終わらないと思うよ。(←大量に出てきたタイトル無しCDの中身チェックなんて後日でいいじゃん…)
 それに、最後に「モノの定位置を決めて使いやすく収納する」という作業をしないと、またPCデスク周辺に積み上げる事になるんじゃないの?

 とは言わずに放ってたら、案の定途中で飽きて、中途半端に終わった。やれやれ。

---------------------------------

本日の捨て
●古いカタログ・パンフ
 見終わったらその場で捨てて欲しい。それより、電気屋に行くたびにパンフ持ち帰らないでお願い。
●焼付け失敗CD・DVD
 なんでその場で捨てないかな
●宅配配送控え沢山
 用がすんだらいちいち保管しないでとっとと捨てて
●クレジット控え等郵便物
 シュレッダーにかけて片っ端から廃棄
●カラのスプレー缶3つ
 穴あけて廃棄。カラになったらとっとと捨てて!

---------------------------------

 紙モノはその場で処分が鉄則。保管するならきっちりファイリング。保管後も定期的に見返して、情報の古いのからサクサク処分していかないと、溜まる一方。


 多分、夫は「詰め」が甘いのだ。何か作業した後、片付けて完全に元の状態に戻したり、廃棄決定品を即捨てるというような事を後回しにしがち。元々は細かいタチで、目的の作業は完璧にやる人。ところが作業が済むとそこで満足してしまうらしく、最後の最後がすっぽ抜ける。


 というわけで、結局私が「収納」を考えなければならなくなった。 …明日頑張ろ。
posted by ウメ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング

2008年11月17日

PCラック続き

 さて、夫のPCラック続き。
 とりあえず「ものすご乱雑な状態」からは脱したが、明らかな不用品を捨てて埃を掃っただけ。定位置の無いモノ達が、相変わらず積み上げられているので、今から連中の住みかを考えなければ。

 収まるべき場所に収まったら、取り出しやすく、戻しやすいようにラベリングするまでが今日の目標。 では脚立を用意して、最上段の掃除から、作業開始。(昨日はホントに、モニター周辺しか進まなかった)

-----------------------------------------

 先週、無料譲渡サイトで不要食器の希望者を募ったら、即「全部欲しい」という人が現れた。今日引渡し予定だったのだが、今朝になって郵送できないかと尋ねてきた。

 激古でハンパな食器類、送料かけるほどの価値があるとは思えないのだが、「送料着払いならOK、破損の保障は不可」と返答。現在返事待ち。

 そういえば、「まだあるならもっと欲しい」と言ってたっけ。食器棚の置に、密閉容器や100均茶碗を選り分けてなかったか、探してこよう。

---------------------------------

本日の捨て
●小ぶりの密閉容器5つ→譲渡
 最近使ってないのを間引き
 
posted by ウメ at 12:53| Comment(2) | TrackBack(0) | リビング

2008年11月19日

本棚整理整頓掃除

 本棚続き。本には執着する方なので、間引きが遅遅として進まない。

 読み終えたら即処分予定の、貰い物のハードカバー文芸書多数。ところがなかなか読む時間が無く、一向に減らない。思い切って捨て…るような事はしないで、とりあえず背表紙が見えるようにして、天板の上に横に積み重ねた。他の本と一緒に並んでるより目立つので、さっさと読もうという気になる…かも。

 一段目(最上段)は文庫からB4版まで並んでいて、すっきりさせるのが非常に難しい。普通に並べると空間がものすごく無駄になるので、文庫や新書は上下・前後にも重ねて詰め込む。

 二段目はB5版以下の本。三段目は料理・インテリア・園芸。ここが一番混み合っている。
 調理学校に通っていた妹からのお下がり本が結構あるのだが、プロ仕様の内容は高度すぎて、まったく活用出来ない。(でも読むだけなら非常に面白いのだ) 高価なテキストっぽい本はいずれ売却するとして、雑誌のムック系は間引き。

 四段目は画集・写真集等美術系。古い海外ファッション誌を処分したら、20cm余り余裕が出来た。
 他の段は埃を払うだけで済んだのに、ここはものすごく汚かった。部屋の隅で、風が淀み湿気と埃の溜まる場所なので、溜まった埃にカビが発生したらしく、赤茶けたシミが壁やスチールの支柱にこびりついている。本を全部出して重曹水で拭いたけど、エンボス仕様の壁紙の凹凸に染み込んだヤツは、多分ハイターで湿布でもしなければ取れないだろう。


 本棚をスッキリ見せる方法として、「背表紙のカラー統一(ハードカバーを裏返すor自前のブックカバー装着等)」「高さを揃える」等がある。

 今まで自分はジャンル別に並べていたのだが、高さも色もバラバラで、今ひとつ雑な印象だった。今回試しに、高いのから低いのへと綺麗に高さを揃えてみたら、驚くほどスッキリ。
 で、多少の不便は我慢して、見た目を優先することにした。幸い自分の本しかないので、どこに何があるか把握は出来ている。ただしこれ以上増えると管理できる自信がないので、新規購入はとことん慎重にしなければ。

-------------------------
本日の捨て
●洗濯洗剤(粉)容器→蓋のみ廃棄
 100均のプラスチックの詰め替え容器。使いやすくて気に入ってたのに、娘が蓋をバキっと割ってくれた。いつの間にか劣化していたらしい。 本体は倒れやすい洗剤を立てるのに再利用
●古雑誌→廃棄
 資料として保管していた海外ファッション誌等
●レシピ本(ムック)→譲渡・売却
 多すぎるので間引き
●シャンプーミニボトル→使いきり
 やっとカラになった。好きじゃない製品は時間が掛かる
●使い捨て弁当箱→使いきり
 ダブついた在庫がやっとスッキリ!
posted by ウメ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | リビング

2008年11月20日

文具収納の入れ替え

 先日大量に中古文具を引き取って貰い、小型収納ケースが4個から2個に減った。

 それでも、筆記用具の数はまだ多いと思う。普通の家庭で日常使う程度なら、ペン立てに入るくらいの量で事足りるはずなんだ。事務屋や絵描きじゃないんだから、引き出し一杯のボールペンだのエンピツだのは必要ない。 …もっと減らさなきゃ。


 昨日は、白黒二個並んだ収納ケースのうち、ちっちゃい引き出しがいっぱい付いた黒い方を、こないだカラにして除けてあった、白い書類ケースと取り替えた。

 白いのが二つ並んで少しすっきりしたけど、双方メーカーが違うので、高さもサイズも合わない。おまけに引き出しの隙間が大きすぎて埃が入り放題。引き出しに落下防止のストッパーが付いているせいで中途半端にしか引き出せず、最奥に小間物が入り込むと、取り出すのに苦労する
 如何に無計画に収納用品を買い込んでいたか、改めて反省。


 で、無印のポリプロピレン引き出しケース購入を検討中。あれはサイズも豊富な上、一段単位でも売っているので、収納物の増減・用途の変化に柔軟に対応できる。
 量販店で扱っている収納用品と比較すると、いささか高くつくが、うちみたいにやたらモノが多い家は、収納に統一感が無いと、ものすごく雑然としてくるのだ

 一昨年は無印のケースを14個買い込んで、大量のDVDやCDやMDを整理した。財布には痛かったけど。抜群の収納効率とスッキリ感で、かなり満足している。それ以来、我が家は無印率が徐々にup。

 一気に買い揃えるのは大変なので、地道にボチボチと、交代していく方向。ああ、押入れの衣装ケース類も無印で統一できたら、さぞかしスッキリするだろうなぁ。物置の中も、夫PCラックの収納も、シンク下も…

----------------------
本日の捨て
●ネクタイ→廃棄
 端が擦り切れたものを選別
●スティックのり→廃棄
 少なくなったら乾燥して固まるのが速い
posted by ウメ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | リビング

2008年11月27日

雑貨引き出し片付け

 とある書類の捜索ついでに、引き出しの中が気になったので、雑貨タンスの引き出しをちょこちょこと片付け。

 自分の管轄は時々見直しているので、あっという間にカタが付く。
 この小間物タンス、無駄に深くて中のものが取りにくかったりするのだが、うまいこと使うとしこたまモノが入るので便利。(なんたって、小さい引き出しが21個も付いている
 別所で不要になってた100均のランジェリーケースに、カードや名刺、小物を立てて、引き出しの中へ。カギやら携帯やら、出し入れの激しいモノを入れてタンスの上置きにしているカゴも整理、一部引き出しに移動。


 問題は夫雑貨引き出し。こっちは寝室にある10段のアクリルケース。中身の7割がここ何年もまったく手付かずの不用品。 でも夫は捨てない。捨てられない。

 便利な位置にあるので、もったいないと思っていたんだが、「元書斎現在物置」の「書斎机」の引き出しが全部カラだった事を思い出した。

 大半をそこに移動させるたら、夫PC周りに溢れている雑貨の一部がこっちに移動できるじゃないか。
 夕飯支度前だけど、ムズムズして仕方ないので作業開始〜!
---------------------------------

本日の捨て
●キッチンタオル→廃棄
 黒ずみが取れなくなったので切り刻んでウェスに降格
●靴下2足→廃棄
 穴あいたのでウェスに
●壊れたストラップ→廃棄
●DM葉書いろいろ→廃棄
●ウルトラマンストラップ2本→使う
 誰かにあげようかと思ったが、考えてみたらちっさくて邪魔にならないんだし、何にでも引っさげ可能だ

-----------------------------

 IE7に更新したら、使いにくくってしょうがない。元に戻したいが、息子は早や使いこなしている様子。慣れるよう努力すべきかな…(鬱)
posted by ウメ at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング

2008年12月28日

カーテン洗い&窓掃除終了!

 午後は息子と、リビングの窓掃除&カーテン洗い。明日から天気が崩れるらしいので、今日がタイムリミット


 一箇所は普通の掃きだし窓、もう一つは、中央がはめ殺しになっている、5m弱の掃きだし窓。面積が大きいので、掃除よりもカーテンの着脱や洗濯が大変なのだが、息子が十分戦力になってくれる。

 レースと厚手布カーテンをレールから外し、カーテンフックを全部外す。埃っぽいので、重曹水を入れたボウルに放り込んで、ガシャガシャかき混ぜて洗う。タオルにぶちまけてガサガサ揉むだけで、完了。

 カーテンは、洗濯機の毛布洗いコースで丸洗い。本当はネットに入れたほうが良いみたいだが、自分はそのまんま放り込んでいる。(面倒で)  大窓用布カーテン1枚、所要時間1時間強。全部終わるのに、5時間余りかかった。
 以前の洗濯機は容量が小さくて、大窓のカーテン洗いは難しかった。容量3割UPのおニューの洗濯機は、余裕で洗える。ありがたい。


 カーテンを洗濯機に掛けている間に、窓掃除。内側は、物置奥底から出てきたガラスクリーナーで拭き掃除、外側はホースで水洗い。満遍なく水を掛けて、ハンドワイパーで水を切っていく。
 リビングのついでに、子供部屋の二箇所の高窓と掃きだし窓も、水を掛けてワイパー掃除。内側は個々人でやってもらう。


 サッシのレールや溝は、スプレーで水を少しずつ掛けながら、100均のペンキ刷毛で埃や汚れを洗い流していく。油汚れじゃないので、水で十分。油分を含んだ汚れなら、重曹水や薄めた洗剤がいいかもしれない。あらかた綺麗になったら、ウェスで拭き上げ。
 このペンキ刷毛と水スプレー、実に良い仕事をする。濡れ雑巾でゴシゴシやるより、よっぽど早い。ハブラシでもいいけど寸足らずだし、「サッシ専用掃除ブラシ」も使ったことあるけど、私はペンキ刷毛に軍配。


 大窓の布カーテンは結構重量があり、開閉も激しいので、カーフンフックをひっかけるプラスチックの部品(名前がわからない)が、数個破損している。で、カーテンの何箇所かが、ダラーンと情けなく垂れ下がっていた。
 交換用パーツ(100均)が物置から見つかったので、夫がレールの端の金具を外して、パーツ交換してくれた。気になりながらも、長い間放置していた事を反省。また壊れても良いように(笑)、多めに通しておいた。


 何十個もの四連フックを、生地を破かないように気をつけながらカーテンの襞に差し込む作業に、「なんかの修行みたいだ」と呟く息子。 脱水したてで思いっきり湿気ていても、こんな乾燥した日はあっという間に乾く。
 磨き上げてピカピカの窓に、ほのかに洗剤の香りの残る、洗い立てのカーテンを下げる嬉しさ。明日は朝日が眩しいぞ。


 そういえば寝室にも、12枚のカーテンがあるんだった。 …ここは年明けになるかもしれん。 
posted by ウメ at 21:08| Comment(2) | TrackBack(0) | リビング

2009年12月13日

AV機器のセッティング

 先日夫が衝動買いしてきた、BOSSのスピーカーとアンプを設置。ついでにAV機器周辺の掃除と整理と配置換えと配線追加までやったら、二人で一日がかりの大仕事になった。

 うちのAVタワーは、二台並べたアングル棚。TV(巨大なブラウン管)にDVD機やVHS機、システムコンポ一式にレコードプレイヤー、スピーカー2,3台、大量の楽譜、マニュアル、CD・DVDソフト等が、上から下まで隙間無く、みーーーっしり入っている。
 ちなみにAV機器の購入に関しては、全て夫の管轄。いつも勝手にに決めて、勝手に買ってくる。(私は音が出れば何でも良い人)
 
 棚の後ろは、クモの巣のような複雑すぎる配線。 ものすごく掃除がしにくいので、常に埃がたまり放題だった。今回はそれを改善。
 各コードにはシールタグを付けてネーミング、機材をバラしてもすぐに戻せるようにした。 更に、四方八方伸び放題だったのを、ワイヤータイ結束バンドで束ねたり丸めたり縮めたり、更にアングル棚の柱にくくりつけて、すっきりさせた。 

 飽和状態だった楽譜やマニュアル類は、当分使わないと思われるモノを間引きして物置へ。 大量に溜まったCDやDVDの整理は、年内の課題。(できるだろうか?)


 しかし今回一番の進歩は、「5.1サラウンドスピーカーシステム」を、やっと夫が設置してくれた事。(こんな面倒なモノ買ってくるのは当然夫) 購入してから、かれこれ7〜8年経過(笑)。 やってみると大した手間でもなかったのに、腰を上げるのが遅すぎると思うぞ>夫

 その間、使う時だけ出して使い終わっても片付けない(夫)もんだから、床にゆるゆると這いずる配線に足を引っ掛けて転びかかったり、スピーカー落として「気をつけろ!」「片付けない人が悪い!」「早く配線して壁に取り付けてよ」と喧嘩が始まったり。常に悶着のタネだった。

 自分もそうなんだけど、緊急を要する事柄でない限り、買ってきて満足して次の作業に掛からないって事が結構多い>夫  …似た者夫婦。


 リビングの残りの掃除は、と。 照明とクーラーは、慣れてるのですぐ済む。 窓ガラスは子供達に任せる。 難関は本棚掃除・間引きと、夫PC棚掃除・整理。年末に週休取って貰って、本人に片付けてもらう予定だったのに、休みがパーになって来年に延びた。 しかしいくらなんでも、この状態で年越すわけにはいかない。 やっぱり私が手を出すしかないんだろうか。
posted by ウメ at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング

2010年01月15日

夫のPC周りを片付けてみる(1)

 かなり天気が良いので、張り切って家事。 今週は本当に寒かった。気温はたいして下がらない地域だけど、風がハンパないので、体感温度はかなり低くなる。 うちは洗濯機が屋外(ベランダ)なんで、寒くなるとまず洗濯物が溜まる(笑)


 ブログ徘徊してて見つけた「お片付け金言」
実際に収納するときに考慮すべき点は「しまうこと」よりも「使うこと」。http://shuunote.exblog.jp/12656323/
整理収納手帖さん(http://shuunote.exblog.jp)から引用。

 気をつけてはいるつもりだけど、片付けに血まなこになっていると、上記の視点が欠落している事がある。 とにかく、今出っぱなしになっているモノを見えなくする事に必死になって、パズルのような収納にしてしまうのだ。
 結果、「出すのに苦労する」→「仕舞うのが面倒くさい」→「後で片付けよう」→「出しっぱなし」→「散らかる」 とか、「どこに置いたかわからない」→「探すのが面倒なので新規購入」→「モノと死蔵品が増える」 という事態に。

 何度片付けても夫PCデスクが散らかるのは、本人が使ったものをすぐ元の場所に戻さないってのが一番大きいんだけど、その根本には、「モノを見えなくしただけで、使い易いように考えて収納していない」って事があるのではないか?

 「本人にやる気が無いから私がやったる」で、再び夫PC周りの片付けに着手したわけだけど。 今回はそこんとこ気をつけて、整理してみよう。 夫が使い易い、片付け易いPC周り収納。
後日に続く。
posted by ウメ at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング

2010年02月01日

文具類の収納改善(1)

 今回の課題・文具置き場。 片付けてあるのに乱雑に見えるという、ツッコミどころ満載の収納。目立つ場所なのに見た目最悪なので、以前から何とかしたくて仕方なかった。
100201_bungu.jpg
 文具に関して「総量を減らす」という課題は、昨年ほぼクリアできた。そう、以前は筆記用具を筆頭に、いろんな文具が無駄に多かったんだよね。捨てたり譲ったりして、大量処分。残ってる分は、使いきり目指して地道に消費中。 

 で、今現在抱えてる課題
・引き出しやファイル立てが、種類もサイズも違うため、統一感が無い。で、片付けてあるのに乱雑に見える。
・高さに段差が生じて上にモノが置き辛い。
・深さが足りないので、収納物が中で引っかかって、開閉が困難
・ストッパーのせいで、引き出しが全開できず、奥のモノが見えない上、取り出しづらい。そのためトレイの2/3しか使えず、無駄が多い。
・隙間だらけで埃が入りやすい。

 所詮は安物の書類ケース(980円)。 収納用品は、少々割高に感じても、追加購入が可能で転用が効く、定番商品を買うのが賢いね。
 で、諸条件を満たす入れ物を探した結果、やっぱりコレになった。
100201_mujirushi.jpg
無印を選んだ理由
・引き出しの追加・レイアウト変更が可能
・サイズが豊富
・値段が手頃で手に入りやすい
・丈夫
・埃が入らない
・シンプルなデザイン

 本当は木製のチェストが欲しかった。しかしそれだと価格で折り合いが付かない。いろいろ融通が利かないところもあるし。無印なら、不要になっても他の場所での転用が可能。
 
 というわけで、今から整理整頓作業開始。とりあえず上の深型三段に収まる分を片付けて、後日、浅型を追加する予定。横に四段並べるか、上に二段重ねるかは、作業後考える。
posted by ウメ at 10:28| Comment(5) | TrackBack(0) | リビング

2010年02月15日

弟宅から学ぶ

 昨日久々に弟宅を訪ねたら、まずモノが無いのに驚いた。
 共働きで子供二人(小学生男中学生女)なのに、実にスッキリ。家具を極力置かず、収納もほとんど造り付けで済ませている。 昨日は難関中学に合格した甥の合格祝いだったのだが、親戚30人余(子供含む)が集まっても、まったく家具の無い畳間とソファの無いリビングを一続きにして、余裕でさばけた。

 昔から弟夫婦は、あまりモノに執着しないタチだったけど、最近は捨て上手に更に磨きがかかった様子。 子供二人に個室を与えて、親の仕事スペースはリビング。PCを置いたワークデスクを壁沿いに並べ、デスクの上に天井まであるアングル棚を組み上げて、各々の資料や本等を収納。ここまではウチとほぼ同じ状況。

 違うのは、どうしてもごちゃつきがちなデスク周りをスッキリさせるために、置くモノをかなり厳選している事。 仕事資料ってのは、常に新しいモノがガンガン入ってくるし、記録保存資料も日々溜まる。 かなり取捨選択を意識しないと、この状態は保てない。

 最大のポイントは、弟宅で目に入った収納物は全て、今現在使っているモノなのに対し、ウメ宅は今は使ってないモノがかなりの量を占めている事。 また、弟宅の棚の中身はほとんど仕事関係なのに対し、ウチは趣味のモノばかりな事(爆)

 弟は家を建てる時、家具を置かなくて済むよう、食器棚やクロゼット、押入れに物置、サニタリーに至るまで、収納のほとんどを造り付けにした。 リビングには造り付け収納は無いけど、ワークデスク以外の家具は、本やCD等を収めたスリムな本棚とTV台、アップライトピアノがあるだけ。 ウメ宅は三面を棚に囲まれている(汗)。 地震の時は命が危ない。


 帰宅してから我が家のリビングを眺め、改めてモノの多さと、今ここに無くても困らないモノが大量に有る事に気付く。 頑張って片付けて捨ててきたつもりだったけど、まだまだとんでもなく甘かった。
 
 日曜大工好きの弟は、だだっ広いリビングに壁とドアを立てて子供部屋を作ったり、駐車場に倉庫を建てたり。暇さえあれば倉庫の整理をしていたり、模様替えも頻繁に行うなど、積極的に「家」に関わっている。
 一方、夫は休みの日はひたすらPCの前から動かずに、のんびりしていたい人。 側で私が片付けようとか言い出すと、途端に機嫌が悪くなる。家中に床置きのモノが溢れてカニ歩きになっても、PC台が机面が見えないくらい散らかっても、あまり頓着しない。たまに掃除機は掛けてくれるけど、面倒くさい事には、仕事以外では頭を使いたくないんだと思う。 
 私一人で頑張っても限界があると、最近感じているんだが、夫を片付けに巻き込むには、どうしたらいいんだろう?
 
 モノを減らさないとどうしようもない事は分かっている。しかし捨てたくない人の気持ちを害さずに片付けるには、どうすればいいか。 …とりあえず、今使ってないモノを箱詰めして別部屋に移動させるだけで、かなり違うんじゃないか?  うん、まずはそれからやってみよう。
posted by ウメ at 17:20| Comment(3) | TrackBack(0) | リビング

2012年01月21日

楽譜整理して場所移動

 大量のピアノの楽譜。クラシックやポップス等、両手広げた幅に隙間無く埋まるくらいの数がある。ほとんど私が子供の頃から使ってたヤツで、ごく一部、娘のモノも。 以前は娘の部屋のアップライトピアノの上に、積んだり並べたりしていた。 一昨年ピアノをチェンジしたら、別珍の綺麗な上掛けが付いてきて、夫から「毛足が潰れるから」と上にモノ置くのを禁止された。確かに、光沢のあるビロードの上に古い楽譜を積み上げるのは勿体無い。で、新たな置き場所が見つかるまでと、折り畳みプラケース二つにぎゅうぎゅうに詰めて、部屋の隅に追いやった。ところが、新居は一向に見つからず、楽譜は埃をかぶり、ピアノに触る機会も減り…

 やっぱりね、モノは目に触れやすく手に取りやすく、使い勝手を考えて置くべきなんだと思い知ったですよ。目に入らなければ存在を忘れてしまう。取り出しにくいと使わなくなる。使い勝手=動線が悪いと、使用後に戻すのが面倒になる。

 ピアノに触らなくなったのは、「弾きたい」と思わせる、刺激になる「楽譜」が目に入らなくなったから… ではなく、音量を調節できる電子ピアノの方が、昨今の住宅事情には向いてるからなんだが(汗) でもピアノの魅力は電子楽器では換えられないものがあるので、今後もたま〜に弾き続けると思う。なんと言っても、夫がピアノloveなんだよね。彼自身はギター弾きなんだが、ピアノの音はたまらなく好きらしい。

 で、昨日突然思い立って、娘のベッド下に押し込まれていた楽譜を引っ張り出し、リビングの棚の一段を無理やりまるっと空にして、全部の楽譜を整理整頓掃除して並べた。…半日かかった(汗 
 雑誌系は、必要な楽譜だけ取り外してファイリングして廃棄。これだけで随分と嵩が減る。バラバラのコピー譜も、ほとんど捨てずにファイリング。(楽譜って買うと高いんで、捨てられないんだよね) 孫が出来るまでw使わないと思われる超初級向けの楽譜は、寝室の書庫へ。ジャズやポップスの全集系は、電子ピアノの側の棚へ。これでようやく、幅90cmのアングル棚に収まる量になった。ピアノから少し離れたけど、戻すのを怠けなければ大丈夫(ほんとに?)
 
 音楽やってる以上、楽譜は絶対処分できないモノの一つ。クラシック以外はほとんど再販されないから、特にポップス・ジャズ系やバンドコピー譜は希少価値。仕事で必要だったりするんで、どうしても年に何冊か増えていくんだけど、今後はあまり増やさないように気をつけよう…もう置く場所が無いよ(大汗)
posted by ウメ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング

2012年03月10日

メタルラック組み換え完了

 一昨日、無事にミッション完了、お約束のafter画像。作業前に撮るのをすっかり忘れていたもんで、before画像が無いのはご勘弁。
120310_metal_rack.JPG

 繋ぎ直したAV機器の動作確認もバッチリ。本当は裏側の配線も美しくまとめるつもりだったんだが、長さがバラバラで難しく、無駄に長いのをタックで丸めるだけにした。
 どれとも繋がっていない、宙ぶらりんのコードも何本か発見。以前古い機材を外した際、仕舞うのを忘れたんだろうなぁ>夫 

 それにしても、ラックの細いワイヤーの畝や、継ぎ目に積もったホコリのしつこい事。時間が経って湿気や油分でコーティングされ、掃除機のブラシではたいた程度じゃ取れない。放置すると湿気を帯びてサビを呼ぶので、たまには徹底的なそうじが必要。片手に歯ブラシ、片手に掃除機のホースで頑張りましたさ。残念ながら、通気の悪い裏側下部は、早くもサビが来てたけど。

 作業が終わってからちょっと残念だった事。最下段の間隔を、もう少し広げておけばよかった。そしたら無印の引き出し(上から2段目の棚に並んでるヤツ)が、2段重ねで計4個は入った。(我が家にはこの引き出しが計12個あって、CD類がみっしり入ってる…こっちも整理しないと。) 最上段の間隔をもう少し狭めて、全体的に上にずらせば、最下段があと3〜4cmは広げられた。詰めの甘さが悔やまれる。

 でも、今回の大仕事で、ちょっと自信がついた。電気関係は苦手意識があって、ほぼ夫に丸投げしていたけど、やれば出来るじゃん、自分。
posted by ウメ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング