2012年05月31日

夫に片付け協力して貰うには?

 気が付いたら月末。DVD整理は強制終了した。しかしその後、他の片付けは何も進んでいない。忙しくても隙間時間は沢山あるはずなのに、時間の使い方がヘタなんだろうなぁ。こんな調子で、10月までに片付くんだろうか。いや、リバウンドしてないだけマシとしよう。

 先日夫に「貴方の定年をゴールandスタート地点と考えて、家の中を整理したい。この家も築20年経過、そろそろ傷みの目立つ内装や水周りのメンテナンスとか、老後を見据えた整理整頓とか、やりたい事がいろいろあるので協力してほしい」と話した。「そうだな、一緒にやろう」的な、前向きな返答を期待していたのに、返って来たのは「ふーん」とはぐらかされたような返事。
 多分夫の心の中は、「わかってるけどさー メンドクサイなぁ(´・ω・`) 」だったと思うw その日その時の気分で動きたい人なので、外から強制されるととたんに腰が重くなる。「宿題しなさいよ!」と言われるとやりたくなくなる心理。私も同様なんで、よーっく判る。せっぱつまらないと動かない。 
 
 なので、計画的に事を進めるのは諦めた。機嫌の良さそうな時を見計らって、「これをやるから手伝って」とその都度協力を求める。基本優しい人なので、目の前でガサガサやってると、さすがに無視できなくて手伝ってくれるw 
 それから、日々の細かい片付けや、身辺の整理整頓を期待するのも諦めた。女房から頭ごなしにあれこれ指図されるのは嫌だろうし、私も今更口うるさいカーチャンをやる気力は無い。そもそも私が掃除嫌いで何かと後回しにしがちなのに、夫にそれを求めるのが間違いだ。割れ鍋に綴じ蓋夫婦w

 「10月に定年」と言っても名ばかりで、多少勤務形態と仕事内容が変わるくらいで、その後も同じ職場・同じような仕事が続く。「10月に引越し」だったら、それこそ必死になって片付けるんだろうけど、家中の整理整頓のきっかけにするには、本人には今ひとつインパクトが無い様子。張り切ってるのは私だけな気がして、実はここんとこスランプ気味。
 こんな調子で果たして「スッキリ片付いた家で快適な老後」が実現できるのか、甚だ疑問。 しかし体が動かなくなるまでに、まだしばらくは猶予がある。ぼちぼちやっていこう。 
posted by ウメ at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の掃除・片付け
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56172927
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック