2012年01月25日

一斗缶の捨て方は?

 ウチのブログタイトル「掃除片付け捨て」は、思いつきで適当に決めたものなんだが、実は最近、このタイトル、失敗したと思っている。
 だって「掃除」が先じゃないもの。 普通、掃除する前にまず散らかった場所を片付けるもんだ。 しかしモノが多すぎたり置き場所が決まってなかったりすると、なかなか片付かない。そもそも「片付け」ってのは、モノを元の場所に戻す事だ。 「整理収納」が出来てなければ、片付くわけがない。 その「整理収納」の一部に、「捨て」が含まれる。
 要するに順番が逆なのだ。正しくは「捨て片付け掃除」。ブログの趣旨を考えると、「整理収納掃除日記」あたりが妥当か。 …硬ェw
 やっぱり面倒くさいからタイトルこのままで。
--------------------------------------------

 駐車場には、昨日のゾンビ(化した)ソファー以外に、一斗缶が山なす一角がある。昨年夏、義弟が頑張って一人で屋根の防水工事をやってくれた時の空き缶。まだ開けてないヤツを保管するのは当然として、なんで空き缶をそのまま置いてるのか? 缶内側に付着して残っている塗料が乾ききってから、まとめて捨てに行くんだとばかり思ってたんだが、半年経っても、一向に捨てに行く気配が無い。ソファ解体のついでに、この際なんで勝手に処分することにした。

 ペンキ付いてるし数も多いし、自分で持ち込むか業者に処分依頼しかないかな〜と思ってたんだが、ネット検索したら、不燃ごみの日に指定ゴミ袋に入れて処分可だってよ! それでもちょっと心配だったんで、市の担当課と思われる所に問い合わせてみた。そしたら「缶ゴミとして資源ゴミの日に出して下さい」 え?
 市のゴミの出し方一覧表には、「空き缶は中身を洗って出すように」とまで書いてあるのに、ペンキがベットリ付いた大量の一斗缶を、丸ごと出していいってか? 口調がなんか高校生のような電話応対だったんで、ますます心配になって、もう一つ別の課に電話してみた。「20cm角以下なら出せますが、一斗缶サイズなら不燃ゴミです」  違うじゃねーかっ  先程のにーさん、もしかして「一斗缶」の意味がわかんなかったとか?

 指定ゴミ袋のお代なんて、問題ない範囲。(大・10枚/300円) 缶を潰さなくても、一袋に二缶は入るはず。頑張って押しつぶしたら、一枚に3〜4缶くらいは押し込める。
 問題は、あの頑丈な缶をどうやって押しつぶすか。体重には自信が有るんだけど(爆)、果たして一斗缶潰せるのに十分かどうか。 逆に、軽いジャンプで一気に潰れたりなんかしたら、それはそれでシヨックかもしれない。