2012年01月24日

ゾンビソファ解体中(その1)

 今日は可燃ゴミの日。週末頑張った成果で、大袋二つ出せた。大きいスポンジ二つ(枕と背当て)とプラスチック系の容器をいろいろつっこんだら、袋一つがほぼ一杯。軽いけど嵩張るモノたち。この袋一杯分部屋のスペースが空いたんだと思うと、感慨深いw

 袋に少し余裕があったので、駐車場で捨て物探し。木製ガーデンラックの残骸を更に解体してつっこみ、そしてついに、ついに… 雨ざらしでゾンビ化したソファ(シングルとオットマンタイプ)の解体に手を付けてしまった(無謀にもほどがある)しかしそれがどんなに面倒くさい作業か、判ってなかった。 

 このソファが駐車場にいつ持ち込まれたのか覚えてないけど、多分義父が亡くなった直後あたり。捨て魔で几帳面で、毎朝箒持って駐車場を掃き掃除していた義父が、不用品を放置しておくはずがないもの。
 その後すぐ処分するかと思ったら、何故かずーーっと放置。業者に回収を依頼すると、最低でも配送料3500円+処分料2000円×2=7500円はかかる。費用を浮かすために自分で処分場に持ち込むつもりだったのかもしれないが、雨ざらしにしているうちに、雨水を吸ってとても一人では運べない重さに。 そのうち猫の寝床になったりトイレになったり、表面は風化しでボロボロ、カビで緑と黒のまだらになって、どんどんゾンビ化。 周辺は掃除しにくいからゴミが溜まり、なんかもう、目に入る度にすっごいイライラ。 

 「元の持ち主!なんでとっとと片付けないの!!」とは、角が立つので言えない。勝手に解体処分するのも、「そっちがやらないから勝手にやったわよ!」と無言で文句言うようで、手が出せなかった。 でも… でも… もう限界! 我慢できない! 最近すっかり捨て掃除モードになってる私、工具箱を傍らに、ソファーの解体を開始した。

 まず、底部の4つの足。 金槌でガンガン叩いたらサビだネジが緩んでくれて、ギリギリ回すと外れた。二台分、そのままゴミ袋にポイ。 それから、底部の覆い布。かなり頑丈な…麻? 木枠にタッカーをみっしり打ち込んできっちり留められてたけど、針が完全に錆びてたのでそこからペンチで挟んで引き破り、ひっぺがしてゴミ袋にポイ。今日のゴミ回収時間に間に合ったのはここまで。


 次の回収日には、ソファを覆っているスポンジ全部引っぺがして捨ててやる! との決意の元、解体続行。波型スプリングは、スポンジ類を取り除かないと外れないようなので後回し。 鋼鉄の金具を留めた六角ネジを外したら、背もたれがスポン!と引き抜けた。
 次にぐりると覆っているスポンジクッション剥がし。 分厚いウレタン、それから白い化繊綿、その上に表生地が、木枠に強力接着剤とタッカーでガッチリ貼り付けられてるもんで、なかなか引き剥がせない。力任せにするより、ちまちまちまちまハサミで切り離す方が確実なんだが、時間かかるわ、腕も指も疲れるわで、背もたれのみスポンジ剥がしたところで、腰が痛くなってギブアップした。
というわけで本日の成果。久々の画像がコレとはorz でも掃除ブログだし。
120124_sofa.jpg
 これ、まだソファ座面とオットマン(ソファと同サイズ)もあるんだよね。あと何回作業したら終わるんだろうか。もう意地なんで、自分ひとりで木枠の解体までやってやる。木枠だけの状態になったら、ジクゾーで細かくバラバラにして、スプリングは不燃ごみの日に出して、お金かけずに捨ててやる。女一人でも、根性一つで粗大ゴミくらい何とかなるんだからね。 だから、ケチった配送料と処分費用の7500円、私によこしなさい!  …とは言わないがw
 
 掃除嫌いの自分がヒトのこと言えた義理じゃないってのは、よーっく判ってる。しかし共用スペースなんだし、来客の目にも触れるし、防犯上も、もちっと綺麗にすべきなんじゃないのかと。あまりにいろんなモノを置き過ぎ。管理しなさ過ぎ。 ここを毎朝掃除していた、綺麗好きだった義父に申し訳ない。これでは、箒持って化けて出てきかねない。
posted by ウメ at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の掃除・片付け