2012年01月13日

使ってくれる人を探す

 可燃ごみの日。「モノ減らし」を始めてから、収集車が来る日の朝は、やたらテンションが上がる。家中のゴミを袋に詰めた後、袋の容量と時間に余裕があると、駆けずり回って捨て物を探す。今日は台所の引き出しから、極小ストローの束とアイスに付いて来る紙スプーン、駐車場からボロボロのガーデニンググッズをかき集め、隙間に押し込んだ。ほんの少しでも、スッキリしてくるような気がする。チリも積もれば山!…の逆を目指そう
------------------------------------------------

 先日娘が放出した、中折れ帽(hat)3つ。彼女がダンスやってた頃の衝動買いの産物で、ほとんど使わないまま箪笥の上でホコリをかぶっていた。 まだキレイではあるけど、個性的なデザインなので貰い手を捜すのが大変だなと思ってたら、帽子大好きなオシャレさんが身近に居たよ。バンドヴォーカルのAちゃん。 昨日持って行ったら大喜びで、早速その日のステージ衣装で使ってくれた。それにしても似合うなーホントに! 帽子も本望だろう。
 Aちゃんには、ネイル用速乾スプレー(これもほとんど使ってない)も一緒に贈呈。 ステージ衣装や周辺小物(アクセサリーや靴等)は、いくらあっても足りないらしい。ヴォーカルの人は大変だ。

 またAちゃんは最近入籍したばかり。今は料理にハマっていると聞いて、うちの料理用ハカリをあげる事にした。自分はパン作りのためデジタルスケールを買ったんで、今まで使っていたアナログのハカリが不要になり、処分を考えてたところ。まさに渡りに船。 そうだ、料理本もしこたまあるから、何冊か分けてあげよう。ついでに、エプロンとミトンも手作りでプレゼントしよう!