2012年01月05日

紅白なますはコールスローに

 週末まで料理しなくて済むかと思っていたのに、早や正月料理が底をついた。唯一紅白なますが大量に残っていて、これをどうやって食べようか悩んでいたら、TVでコールスローにアレンジする方法を紹介していた。
 作り方は至って簡単。 刻んだなますにコーン缶・粗みじん切りのキャベツを加え、マヨネーズをかけて混ぜるだけ。なますに味がついているので、味付けはマヨネーズだけ。 うちの連中、酢の物はあまり食べてくれないが、コールスローなら多分大丈夫。週末のブランチは、トーストにプリプリのソーセージと目玉焼きとコールスローで決まりだな。(平日は時間が無くてろくに朝食を食べない)
--------------------------------------

 3世帯が年末と正月に出したゴミで、車庫脇のゴミ倉庫は満杯。入りきらなくて、室内に保管しているパンパンのゴミ袋が鬱陶しい。あ゛〜早く捨てたい!!  明日は1週間ぶりの可燃ゴミの日なんで、今日は再び不用品抜き出し作業を。ゴミ大袋をもう一つ出せたらいいなぁ。
---------------------------------------

 週末は娘の成人式。当日だと写真館がエラい混むので、前撮りしてきた。
 振袖も帯も、長襦袢半襟帯あげ帯締め草履バッグ等等の小物も、全部自分が二十歳の時に母が誂えてくれたもの。着付けは私の時と同様、この着物を仕立てて頂いた、母の友人(和裁・着付けの先生)にお願いした。 妹や従姉妹達にも貸し出して皆で着回したにも関わらず、扱いと保存が良かったのか、非常に良い状態だと褒められた。(実は保管・管理は母にまかせっきりw) 当時かなり高価だった記憶があるが、娘にまで着せる事が出来て、十分元は取れた気がする。(孫にも着せられたらいいなぁ)
 ヘアメイクに1時間半、着付けに2時間、写真館での撮影に2時間w その後実家に連れて行き、爺婆に披露して帰宅したら10時を過ぎていた。 慣れない着物の苦しさと、裾あしらいに気を遣いっぱなしで、娘はぐったりw でも着物にはだいぶ慣れたようで、成人式当日はもう少し楽に着られそうだとホッとしていた。

 皆に褒められて嬉しそうな娘の様子を見ていると、よくここまで育った、と誇らしいような気持ちになる。 どれだけ周囲に助けられて子育てしてきたのかと、改めて感謝の念も湧いてくる。 自分の成人式の時もこんな気持ちだったのかなと、ふと母の事を思った。 この着物を誂えてくれた母の思いが、やっと今頃、判ったような気がする。 …親孝行しよ。
posted by ウメ at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理