2012年01月03日

刺身のつまの再生/再利用

 昨日は実家の新年会。総勢15名程度なのに、母が用意した料理はどう見ても多すぎ。結果、オードブルや刺身が大量に残り、皆で分けて持ち帰った。「人数と量の把握が出来ないって、自分ボケてきてるのかね〜」とボヤいていたが、以前から量多かったよw  
 そうえば昔から祖母宅や叔父宅での祝い事では、「テーブルに余るほど大量に料理を並べる」のが常だった。 正月くらいは豪勢に、そして急に客が増えても大丈夫なようにという配慮だったんだろうなー。 しかし今はもう、アポ無しで年始回りに来るような客は居ないし、飽食の時代、ガツガツ食べる人も居ない。食べ盛りの子供の数も減ってるし。 また体調管理を気にして、女性は特に遠慮がち。 結果、丁度人数分くらい用意しても余るくらい。
 母、次回からは弟嫁さんと相談して、注文する量を決めるそうだ。うん、毎回準備で頭がイッパイイッパイになって、ついテンション上がって注文しすぎちゃうみたいだから、そのほうがいいだろう。
---------------------------------------

 というわけで、昨晩は持ち帰ったオードブルや刺身を、日持ちするように暖め直して詰め替える作業に追われた。御陰様で、冷蔵庫は密閉容器で飽和状態。向こう1週間は食いつなげそう^^

 で、お題の話ですが。皆様のご家庭では、刺身のツマが大量に残った時、如何なさっていらっしゃいますか?
 自分は刺身に添えられた海草や大根や紫蘇等が大好きで、一人前盛られてきたら菊花以外は全て平らげる。大皿の場合でも、遠慮なくモソモソと大根の千切り等を貪っているが、刺身の列が消えた後、私がどんなに頑張ってもw、大量の大根の千切りやちょっとくたびれた紫蘇の葉が残る。 魚臭が染み付いて少々鮮度の落ちた生野菜は、再利用しようという気がなかなか起きない。翌日になればもっと悪くなってるわけだし、それが何皿もあると皆うんざりして、結局「もう捨てちゃおっか」となる事が多い。 それが非常にもったいないと常々思っていたので、今回は全部回収して持って帰ってきた。

 まず海草をちまちま拾い上げて別に選り分け、大根と人参だけザルにあけて、ボールの水に浸しつつ流水で洗い流す。これで魚臭はほぼ落ちる。それからサラダスピナーで水切り。これをやるのとやらないのとでは、葉野菜の持ちが全然違う。(ちぎりレタスやコールスローで実感済み) あとは密閉容器やビニール袋等にキッチンペーパーを敷いて詰めて、大根のツマ再生終了。
 選り分けた海草の方は、大根やらキュウリやら混じってるけど、気にせずこちらもザルで水洗い。同様にサラダスピナーで水切り、容器に保存。
 紫蘇は傷みが酷いものを選り分けてから水洗い。キッチンペーパーで水分を拭き取った後、容器にペーパーを敷いて保存、又は千切りして冷凍保存。

 非常に簡単な事なのに、今まで「刺身のツマを洗う」という概念がまったく無かった。なんて勿体無い事してきたんだろうと思う。 今週は再生刺身のツマをメインにして、年末年始で増えた体重を何とか戻さねば。サラダばかりでは飽きるから、刻んで雑炊とかいいかもしれない。ネットで検索したら、味噌汁の具やキムチ和えとかいうのもあった。すぐ火が通るからスープ煮もいいかも。何かもっとレシピは無いかな? 
posted by ウメ at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理