2012年01月20日

整理整頓は「試合」だw

 可燃ごみ収集日。今回は不用品捨て作業が進まなくて、ゴミ袋(大)はちょっとスカスカ。否、完全に何も出なかったわけでは無い。ミニ黒板とチョークとか、冷蔵庫の棚卸では、カビたカボチャのきれっぱしとか、ゾンビのようになったトマトとか、賞味期限2ヶ月経過の生クリームとか(大汗) ……反省してます。 冷蔵庫の棚卸は、もうちょっと頻繁にやったほうがいいかもしれない。
 袋の隙間が勿体無いので、駐車場で捨て物探し。すみっこに転がっていた、ボロボロの発泡スチロールの蓋や折れて腐った木の枝等等を回収。本当はもっといろいろ捨てたかったけど、越権行為と取られかねないので、勝手ができない。うう〜捨てたい捨てたい…(プチストレスw)

 不完全燃焼ながらとりあえずリセットしたんで、再び新たな気持ちで、整理整頓の試合開始。次の収集日にはゴミ袋(大)二つ出せるよう、頑張ろう。 「試合」…うん、まさにそんな感じ。戦ってるのは「モノVS自分」ではなく、「過去の自分VS現在の自分」なんだよなー。
--------------------------------------------

 先日自室の大改造をした娘が、今度はデスク周りの整頓を始めた。使いやすく作業しやすい環境を求めて、あれこれ収納グッズやボード類を使って試行錯誤中。彼女は「作業が終わったら片付ける」という事をしないで次の作業を始めちゃうもんだから、デスク周りは常にとっちらかっている。 一日1回、机の上だけでいいから、寝る前に片付けるって事をやるだけで、部屋ってキレイになっていくもんだよ。 1箇所が片付くと、他もキレイにしたくなってくるらしいんだ。私がテーブルの上の片付けで実践してみて、実際そうなったから、多分間違いないw

2012年01月21日

楽譜整理して場所移動

 大量のピアノの楽譜。クラシックやポップス等、両手広げた幅に隙間無く埋まるくらいの数がある。ほとんど私が子供の頃から使ってたヤツで、ごく一部、娘のモノも。 以前は娘の部屋のアップライトピアノの上に、積んだり並べたりしていた。 一昨年ピアノをチェンジしたら、別珍の綺麗な上掛けが付いてきて、夫から「毛足が潰れるから」と上にモノ置くのを禁止された。確かに、光沢のあるビロードの上に古い楽譜を積み上げるのは勿体無い。で、新たな置き場所が見つかるまでと、折り畳みプラケース二つにぎゅうぎゅうに詰めて、部屋の隅に追いやった。ところが、新居は一向に見つからず、楽譜は埃をかぶり、ピアノに触る機会も減り…

 やっぱりね、モノは目に触れやすく手に取りやすく、使い勝手を考えて置くべきなんだと思い知ったですよ。目に入らなければ存在を忘れてしまう。取り出しにくいと使わなくなる。使い勝手=動線が悪いと、使用後に戻すのが面倒になる。

 ピアノに触らなくなったのは、「弾きたい」と思わせる、刺激になる「楽譜」が目に入らなくなったから… ではなく、音量を調節できる電子ピアノの方が、昨今の住宅事情には向いてるからなんだが(汗) でもピアノの魅力は電子楽器では換えられないものがあるので、今後もたま〜に弾き続けると思う。なんと言っても、夫がピアノloveなんだよね。彼自身はギター弾きなんだが、ピアノの音はたまらなく好きらしい。

 で、昨日突然思い立って、娘のベッド下に押し込まれていた楽譜を引っ張り出し、リビングの棚の一段を無理やりまるっと空にして、全部の楽譜を整理整頓掃除して並べた。…半日かかった(汗 
 雑誌系は、必要な楽譜だけ取り外してファイリングして廃棄。これだけで随分と嵩が減る。バラバラのコピー譜も、ほとんど捨てずにファイリング。(楽譜って買うと高いんで、捨てられないんだよね) 孫が出来るまでw使わないと思われる超初級向けの楽譜は、寝室の書庫へ。ジャズやポップスの全集系は、電子ピアノの側の棚へ。これでようやく、幅90cmのアングル棚に収まる量になった。ピアノから少し離れたけど、戻すのを怠けなければ大丈夫(ほんとに?)
 
 音楽やってる以上、楽譜は絶対処分できないモノの一つ。クラシック以外はほとんど再販されないから、特にポップス・ジャズ系やバンドコピー譜は希少価値。仕事で必要だったりするんで、どうしても年に何冊か増えていくんだけど、今後はあまり増やさないように気をつけよう…もう置く場所が無いよ(大汗)
posted by ウメ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング

2012年01月22日

寝室&クローゼット片付け中

 今日は一日寝室(ほとんど物置に近い)に篭って、主に手芸資材を中心に片付けている。服より布が好きなタチなもんで、処分目的の選別になると、悩みまくって何日経っても終わらない。で、今回捨てる事は考えないで、とりあえず全部収納することにした。 在庫減らしの間引きは、寝室・クローゼットの片付けが終わってから、時間がある時にゆっくりやろうと思う。

 寝室の資材棚に入らない分はクロゼットへ。在庫を確認しながら、同時進行で衣服のチェックもしていたら、奥から特大の蓋付き収納ケースニ竿分、かなりボロい古着が出てきた。確か以前クロゼット整理した時、ウェスにするつもりで間引きしたもの。ケースの真ん前に他の収納ケースを置いてしまったので、中身を見なくなり、存在をすっかり忘れてたんだなー。…車庫の前に車止めたら、車庫の車が出せないのはアタリマエだ。

 それと、やっぱり蓋式の収納はアカン。収納場所からケースを引っ張り出して更に蓋を開けてという作業が、ズボラーには苦痛。蓋モノを更に重ねたりなんかしたら、下のケースは完全に無かった事になるw この際なんで、家中の収納を全部、引き出し式に変更したい。でもいきなり買い物に走る前に、とりあえずあるモノで何とかやってみよう。 Fitsシリーズ、結構お高いんだもん。
 さて、休憩終わり。作業の続きに行って来る。あと5時間、頑張るぞー! というわけで、今日の夕飯はレトルトのカレーと冷凍ピザ。
posted by ウメ at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 寝室

2012年01月23日

Fitsの引き出し式収納ケースが欲しい

 一箇所を片付けて、そこから出たモノの新たな置き場所が片付いてない場合は、そこも片付けなきゃならない。昨日は結局、寝室の手芸資材棚に始まって、クロゼットの整理、そこから出たミニ棚で洗面台整理。資材整理して余ったプラケースをタオル入れにして、ところてん式に押し出された古いカラーボックスが玄関ホールで処分待ち。 てな感じで、同時進行で複数箇所やってる場合、ブログのカテゴリーはどっちに仕分けたらいいんだ?

 という、正直どうでもいい悩みは置いといて。 今日も昨日の続き、寝室&クローゼットの片付け。
 まず、昨日出てきた「着ない服」大袋一つ、「ウェス用」ケース(大)2竿、「古タオル」0.5竿、これらが結構場所塞ぎ。着ない服はリフォーム用/ウェス用に仕分け、ウェス用は溜まった録画でも見ながら切り刻み、全部で2竿に収めたい。
 雑誌・紙類は、縛ってゴミ倉庫へ。売る予定の古書は、ダンボール詰めにして積んで置く。 これだけでかなり片付きそうな気分。
 古着・ウェスを減らして空いたスペースには、棚に収まらず寝室床に積み上げている手芸資材(主に生地)を、整理して収納したい。その際には蓋付きケース(大)2竿を処分して、引き出し収納ケース「Fits」を導入する。

 そのFitsなんだが。欲しいサイズ(18×39×74cm)正規価格だと、一つ3000円もする。 今現在使っているのは、20年前くらいにダイエーで買った同サイズの「SALIV」シリーズなんだけど、当時確か2000円以下で買えた気がする。今現在価格がどうなってるのか、そもそも販売されているのかも、当地に「ダイエー」が無くなっちゃった上、ネットでも探せないので知りようが無い。
 無印もロゴが入らないシンプルさが好きなんだけど、うちのクローゼット(押入れサイズの奥行きがある)には寸足らず。同サイズの収納ケースは他に見つからないし、Fitsは規格変更が無いらしいので、安心して買い足しが出来る。 経年劣化が進んでいる古い蓋付きケース(ほとんど20年以上)は、そろそろ全てFitsの引き出し式収納ケースに変えていこうと思っている。

 で、安いネットショップをリサーチ。今のところ、Amazon直営shopの商品が、配送料無料で一番お得な感じ。 でもその前に、まずは近場のホームセンターを調べてみるつもり。

 いやいやそれよりも、寝室とクローゼットのモノを減らすのが先だろ、と。最終目標は「床置きの荷物を失くす事」。 現状ではどんなに頑張っても、床の上に置きっぱなしの箱やケースはそのままだ。全体の総量が減れば、中身はクロゼットや棚に納まり、箱もケースも処分できるはず。

 …で、洗面所から押し出されて不用品と化した真っ黒のカラーボックス。元々貰い物だし、ホコリは目立つし、棚正面の小口テープ(板断面のボロ隠し)もはがれて無くなってたりするんで、解体してゴミに出すのに何の躊躇も無いんだが。 実はさっき、これをリメイクして、台所のゴミステーションに出来ないかと思い立った。 家にあるモノを利用し、材料費は一切かけない。失敗したらバラして捨てればいいんだしね。さて、どんなふうに作ろうか?(ワクワク)
posted by ウメ at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | クローゼット・物置

2012年01月24日

ゾンビソファ解体中(その1)

 今日は可燃ゴミの日。週末頑張った成果で、大袋二つ出せた。大きいスポンジ二つ(枕と背当て)とプラスチック系の容器をいろいろつっこんだら、袋一つがほぼ一杯。軽いけど嵩張るモノたち。この袋一杯分部屋のスペースが空いたんだと思うと、感慨深いw

 袋に少し余裕があったので、駐車場で捨て物探し。木製ガーデンラックの残骸を更に解体してつっこみ、そしてついに、ついに… 雨ざらしでゾンビ化したソファ(シングルとオットマンタイプ)の解体に手を付けてしまった(無謀にもほどがある)しかしそれがどんなに面倒くさい作業か、判ってなかった。 

 このソファが駐車場にいつ持ち込まれたのか覚えてないけど、多分義父が亡くなった直後あたり。捨て魔で几帳面で、毎朝箒持って駐車場を掃き掃除していた義父が、不用品を放置しておくはずがないもの。
 その後すぐ処分するかと思ったら、何故かずーーっと放置。業者に回収を依頼すると、最低でも配送料3500円+処分料2000円×2=7500円はかかる。費用を浮かすために自分で処分場に持ち込むつもりだったのかもしれないが、雨ざらしにしているうちに、雨水を吸ってとても一人では運べない重さに。 そのうち猫の寝床になったりトイレになったり、表面は風化しでボロボロ、カビで緑と黒のまだらになって、どんどんゾンビ化。 周辺は掃除しにくいからゴミが溜まり、なんかもう、目に入る度にすっごいイライラ。 

 「元の持ち主!なんでとっとと片付けないの!!」とは、角が立つので言えない。勝手に解体処分するのも、「そっちがやらないから勝手にやったわよ!」と無言で文句言うようで、手が出せなかった。 でも… でも… もう限界! 我慢できない! 最近すっかり捨て掃除モードになってる私、工具箱を傍らに、ソファーの解体を開始した。

 まず、底部の4つの足。 金槌でガンガン叩いたらサビだネジが緩んでくれて、ギリギリ回すと外れた。二台分、そのままゴミ袋にポイ。 それから、底部の覆い布。かなり頑丈な…麻? 木枠にタッカーをみっしり打ち込んできっちり留められてたけど、針が完全に錆びてたのでそこからペンチで挟んで引き破り、ひっぺがしてゴミ袋にポイ。今日のゴミ回収時間に間に合ったのはここまで。


 次の回収日には、ソファを覆っているスポンジ全部引っぺがして捨ててやる! との決意の元、解体続行。波型スプリングは、スポンジ類を取り除かないと外れないようなので後回し。 鋼鉄の金具を留めた六角ネジを外したら、背もたれがスポン!と引き抜けた。
 次にぐりると覆っているスポンジクッション剥がし。 分厚いウレタン、それから白い化繊綿、その上に表生地が、木枠に強力接着剤とタッカーでガッチリ貼り付けられてるもんで、なかなか引き剥がせない。力任せにするより、ちまちまちまちまハサミで切り離す方が確実なんだが、時間かかるわ、腕も指も疲れるわで、背もたれのみスポンジ剥がしたところで、腰が痛くなってギブアップした。
というわけで本日の成果。久々の画像がコレとはorz でも掃除ブログだし。
120124_sofa.jpg
 これ、まだソファ座面とオットマン(ソファと同サイズ)もあるんだよね。あと何回作業したら終わるんだろうか。もう意地なんで、自分ひとりで木枠の解体までやってやる。木枠だけの状態になったら、ジクゾーで細かくバラバラにして、スプリングは不燃ごみの日に出して、お金かけずに捨ててやる。女一人でも、根性一つで粗大ゴミくらい何とかなるんだからね。 だから、ケチった配送料と処分費用の7500円、私によこしなさい!  …とは言わないがw
 
 掃除嫌いの自分がヒトのこと言えた義理じゃないってのは、よーっく判ってる。しかし共用スペースなんだし、来客の目にも触れるし、防犯上も、もちっと綺麗にすべきなんじゃないのかと。あまりにいろんなモノを置き過ぎ。管理しなさ過ぎ。 ここを毎朝掃除していた、綺麗好きだった義父に申し訳ない。これでは、箒持って化けて出てきかねない。
posted by ウメ at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の掃除・片付け

2012年01月25日

一斗缶の捨て方は?

 ウチのブログタイトル「掃除片付け捨て」は、思いつきで適当に決めたものなんだが、実は最近、このタイトル、失敗したと思っている。
 だって「掃除」が先じゃないもの。 普通、掃除する前にまず散らかった場所を片付けるもんだ。 しかしモノが多すぎたり置き場所が決まってなかったりすると、なかなか片付かない。そもそも「片付け」ってのは、モノを元の場所に戻す事だ。 「整理収納」が出来てなければ、片付くわけがない。 その「整理収納」の一部に、「捨て」が含まれる。
 要するに順番が逆なのだ。正しくは「捨て片付け掃除」。ブログの趣旨を考えると、「整理収納掃除日記」あたりが妥当か。 …硬ェw
 やっぱり面倒くさいからタイトルこのままで。
--------------------------------------------

 駐車場には、昨日のゾンビ(化した)ソファー以外に、一斗缶が山なす一角がある。昨年夏、義弟が頑張って一人で屋根の防水工事をやってくれた時の空き缶。まだ開けてないヤツを保管するのは当然として、なんで空き缶をそのまま置いてるのか? 缶内側に付着して残っている塗料が乾ききってから、まとめて捨てに行くんだとばかり思ってたんだが、半年経っても、一向に捨てに行く気配が無い。ソファ解体のついでに、この際なんで勝手に処分することにした。

 ペンキ付いてるし数も多いし、自分で持ち込むか業者に処分依頼しかないかな〜と思ってたんだが、ネット検索したら、不燃ごみの日に指定ゴミ袋に入れて処分可だってよ! それでもちょっと心配だったんで、市の担当課と思われる所に問い合わせてみた。そしたら「缶ゴミとして資源ゴミの日に出して下さい」 え?
 市のゴミの出し方一覧表には、「空き缶は中身を洗って出すように」とまで書いてあるのに、ペンキがベットリ付いた大量の一斗缶を、丸ごと出していいってか? 口調がなんか高校生のような電話応対だったんで、ますます心配になって、もう一つ別の課に電話してみた。「20cm角以下なら出せますが、一斗缶サイズなら不燃ゴミです」  違うじゃねーかっ  先程のにーさん、もしかして「一斗缶」の意味がわかんなかったとか?

 指定ゴミ袋のお代なんて、問題ない範囲。(大・10枚/300円) 缶を潰さなくても、一袋に二缶は入るはず。頑張って押しつぶしたら、一枚に3〜4缶くらいは押し込める。
 問題は、あの頑丈な缶をどうやって押しつぶすか。体重には自信が有るんだけど(爆)、果たして一斗缶潰せるのに十分かどうか。 逆に、軽いジャンプで一気に潰れたりなんかしたら、それはそれでシヨックかもしれない。 

2012年01月26日

古スーツケースをどう使う?

 物置の奥から、独身の頃買った大型のスーツケースが出てきた。かなり昔のタイプなんで、今のものに比べるとすこぶる使い勝手が悪い。重たいしキャリーバーは無いしキャスターも動きが悪い、鍵もチャチで、すぐこじ開けられそう。それどころか、取っ手が壊れて持ち運びが出来ない。羽毛布団を入れてた事もあったけど、通気性が無い上出し入れが不便、形もサイズもイレギュラーなので、他の収納用品とは別にしなければならない。 結局使わなくなり、カラのまま仕舞いこんですっかり忘れていた。

 これ、何回使ったかなー。独身時代の海外旅行と、北海道旅行、新婚旅行。スキー旅行に里帰り出産、3回の引越し。何度か親戚・身内にも貸した。最後に使ったのは、数年前娘が交流使節団で中国行った時か。…結構使ってるじゃん。でも二度と使う機会は無いと思う。コレ持って行くくらいなら、ネットショップで見つけたアウトレットの激安スーツケース買うか、レンタルにするもん。キャリーバーが無いタイプは、それほど不便。キャリーカートを別途で持って行くのは、もっと面倒。

 モノより土地代が高いんだから、場所塞ぎなカラ箱はとっとと捨てちまえ〜 と、処分する気満々だったんだが。「モノ入れ」として新たな使い道は無いかと考えた。で、キャンプ用品入れたらどうかと。バラバラだとコロコロ転がるので収納しづらい、丸めた寝袋。スーツケースなら立てても寝かしても大丈夫。押し込めば寝袋4本きっちり入るはず。いや、無理にでも押し込むぞ。
 キャンプ行かなくなって10年以上経過。主な大道具は弟に使ってもらっているが、たまに出番がある折り畳みテーブルやイスやクーラーbox等、いくつかは手元に残している。嵩張るのでいろんな収納場所に分散しているんだが、この機会に一箇所にまとめようかと。

 手放す事はいつでも出来る。しかし、まずは家庭内で3R(リユースリデュースリサイクル)出来ないか、考えるように心がけたい。もちろんスッキリ生活を目指しているわけだから、3Rした結果モノが溜まるとか、スペースが無くなるというような事になってはならない。残すメリットと捨てるメリット、常に天秤に掛けて、「やっぱり要らない!」となったら、潔く処分する。
 というわけで、明日の片付けはキャンプ用品の集中整理。寝袋inスーツケースも、扱い辛いようだったら再来週の粗大ゴミさ!

2012年01月27日

昔赤いキッチン雑貨を集めてた

 新婚当初に買った25年モノの赤いキッチンスケールは、無事に友人のこれまた新婚さん宅に貰われていった。 そーいやあの当時は「アメリカンカントリー」が大流行中、自分も赤いキッチン小物をせっせと集めてたっけ。でもマイブームはほんの一時、元々暖色系のハデな色が苦手だったこともあって、すぐに飽きてしまった。
 今、赤い洗い桶は洗濯機のそばで手洗い桶になっている。ザル・ボウルのセットや水切り籠、三角コーナー籠は、かなり前に処分した。千枚おろしとレモン絞りはまだ現役。モノトーンに近いキッチン雑貨の中で浮きまくっているので、普段は引き出しに仕舞われて、使う時しか表に出てこない。
 今現在、うちのキッチンは白とシルバーと茶(ナチュラルウッド)が基本の、地味〜な色で埋まっている。それでも、パン焼き機付属の分厚いミトンは青のチェック柄、食器洗いスポンジは青、市販のピーナツバターの蓋も青…と、いつの間にか差し色が青になっている。赤やピンクといった色物は、自然に買い物の時点で避けるようになってきた。
 色付きのプラスチック系雑貨は、あまり気合入れて集めない方がいい。キズや汚れが目立つし、劣化も早い。何より、飽きたとき始末に困る。楽しみたいなら差し色として、たまに安物を少〜しだけ導入するくらいが丁度良い。
 そういえば新婚さん、料理本要らないかと聞いたら「下さい!」と即答だった。「本当に何にも無いから、もらえるモノは何でも欲しい」んだと。とりあえず安物・貰い物で暮らしながら、徐々に自分達の好みのスタイルに変えていく。賢いやり方だと思う。そうだ、コーヒーセット一式とかも貰ってくれないかな。まずは写メ送って聞いてみよう。

2012年01月29日

カラボリメイク中止

 バテ気味につき片付けは一時休戦、古着古タオル古シーツをせっせと切り刻み中。総量は変わってないのに、小さくすると随分嵩が減るので驚いている。
-------------------------------------------------------
 キッチンのゴミステーションにリメイクを考えていた真っ黒カラーボックスは、結局娘の部屋の入り口に据え置かれた。カラボの棚の中じゃなくて、上に「洗濯物籠」を乗せるため。この籠、床置きすると猫たちのお気に入りベッドにされてしまうので、対策をずっと考えていた。楽譜を整理したお蔭でスペースが出来、ピアノを寄せたら丁度良いあんばいにカラーボックスが置けた。お片付けの効用、バンザイ! 娘は色が気に入らないみたいだが、塗るなり貼るなり自分でどうにかしろと言い渡した。
 しかし、これでゴミステーション計画は振り出しに戻ってしまった。とりあえず見栄えは最悪だが今のままで不便は無いわけだし、買うのは最終手段、もうしばらく考えてみよう。
--------------------------------------------------
 最近、「片付けなきゃ、捨てなきゃ」じゃなくて、「スッキリ美しくしたい、使い易くしたいな」という視点で家の中を見るようになって来た。問題意識を持ってじっくり観察すると、家中ツッコミどころだらけ。 今までどれだけ鈍感だったのかと。
 で、ここはこうしたい、あそこも何とかならないか…と、頻繁に思い浮かぶ事柄を、メモっておくべきじゃないかと思った。せっかく思いついても、問題解決を先延ばしにして、結局忘れてしまったのでは意味が無い。やりたい事・やるべき事・解決方法・予算その他etc、思いつきを残しておける、小さいメモ帳。冷蔵庫に貼り付けた買い物メモと同様、済んだら破り捨ててもいい。(…実は付箋をあちこちに貼り付ける事も考えたんだが、かなりみっともない事になりそうで却下w)
 あんまり可愛らしいのにすると、気軽に破れなくなりそうだ。最近は100均にもシンプルな良いデザインのモノが出てるし、無印でもいい。早速買ってきて、今日から始める! …書くだけ書いて何も進展なし、なんて事態にはなりませんようにw

2012年01月30日

菜箸は何本あるべき?

 夫がiPhone4sに買い替えた。今まで使っていたiPhone4は、以前から欲しがって大騒ぎしていた娘にお下がり。…娘をダシにして、実は自分が新機種欲しかっただけじゃないのかと>夫 
 これで我が家は、私以外皆スマホ持ちになった。 ほとんど家に居て自宅PCで大概の用事が済んでいる私は、スマホの必要性を感じない。携帯でネットも見ないし、電話もメールも最低限。写真もガツガツ撮る方じゃないし、音楽も、仕事と自宅以外では耳を休めたくて、出先ではほとんど聞かない。積極的に使ってるのは、カレンダーとスケジュール機能くらいか。そんなわけで、私の携帯は電池も超元気。携帯代も、安い時は1200円程度、最高1600円を超えた事が無い(笑)
 そろそろ7年目になる現携帯、あと何年がんばれるか、限界まで粘ってみようと思う。そのうちいい感じにアンティークになってくれるのを期待。(何十年持つ気だ?)
-----------------------------------------------------

 一応普通に料理はしているほう(手抜きばかりだけど)だと思うんだが、何故かキッチン雑貨が割と長持ちする私。テフロン加工のフライパン以外、滅多に買い替えをしない。お玉もフライ返しも醤油差しも、皆四半世紀は使っている。

 新婚当初、雑貨店で購入した大中小の菜箸は長持ちしたなー。なんと7,8年前まで使っていた。箸の先が徐々に磨り減り、持ち手側とあまり変わらない太さになって、ようやく処分。次にホムセンで買ったのも、似た様な竹の菜箸二組、こちらは寿命が短かった。1組が先に箸先がダメになり、残った一組だけで頑張ってたんだが、持ち手側の塗りが次第に劣化。料理に赤い塗料片が落ちてるのを発見して、処分決定。

 次に買ったのは、100均の菜箸。手元が塗られていない白木なので、劣化した塗料が落ちる心配も無い。4サイズ4セット入りで、お得感いっぱい。 …と思ったんだが、大失敗だった。
 まず、使っているうちに反りが生じて、箸先が閉じなくなった。細かいものがつまみにくい、あのイラッと感、お分かりいただけるだろうか。更に。引き出しに収納しているため、同じ長さの箸を一発で取り出せない。何も目印が無いので、どれとどれがペアなのか判らないのだ。違う長さの箸を引き当ててしまい、選び直す時のイラッと感。面倒な時は、そのまんま違う長さの箸で料理。…どんだけズボラなんだ自分。 結局買いなおし、真っ白な菜箸4本セットは処分した。

 結局、昔使っていたのと同じものに戻った。同じ長さの色違い(赤・黒)2セット120円、スーパーの鍋コーナーで購入。このハデな縞柄のスタンダードな菜箸は、「歌舞伎菜箸」と言うらしい。
120130_saibashi.jpg
 他にも水玉模様や可愛らしい塗りの菜箸があったけど、持ち手の縞模様のデコボコが滑り止めになっているらしく、妙に手にフィットする。迷わずそれを選んだ。
 実はうち、短い菜箸は食事用の箸と共用しているお弁当に付いてくる竹割り箸なんだけど、これが非常に良い仕事するんだわ。食事用のちゃんとした箸もあるのに、何故か家族はこっちの方がお気に入りで、特に麺類を食べる時、皆あえてこのチープな竹箸を選んで使う。滑らない、細かいものがつまみ易い、長さ・太さが丁度良い。 当然、菜箸としても優秀。劣化が早いので、古びてきたらストックしていたモノとガンガン交換。実家も義実家も、短い菜箸は我が家同様、竹割り箸を採用している。
 そういえば実家の台所、かつては引き出しに大量に大小さまざまな菜箸が入っていた。それがいつの間にやら、2〜3組に減っている。私同様、母も台所用品の取捨選択や、モノの持ち方で逡巡したんだろうなー。

 それにしても、やっぱりハデ…と言うかこの柄は正直趣味じゃない(苦笑) だからといって、硬くて滑りそうなお高い木の箸やシリコンの箸は、何故か使う気にならない。渋いナチュラルな色合いの縞模様菜箸、製造メーカーさん、商品開発してくれないかなー。
posted by ウメ at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨・家電・買い物

2012年01月31日

ゾンビソファ解体中(その2)

 可燃ごみ回収日。ここんとこ忙しくて整理が進まず、捨て物がほとんど出てない。スカスカの大袋を埋めるべく、久々に車の掃除(ゴミと不用品を捨てただけ)。ちなみに、夫はやっぱり車もほとんど掃除をしないw 
 続いて、ハサミを握り締め、先週から自力で解体中のゾンビソファーに取り掛かった。本体を覆うクッション部分を全部とっぱらうのが、今日の予定作業。一部はタッカーでがっちり本体に打ち込まれているので、その周辺はくぎ抜きやバールが無いとキレイにはなりそうもない。しかし他の部分は、接着剤が劣化しているらしく、力入れて引っ張ったらべリベリと剥がれた。 タッカー部分を残して周辺のスポンジや裏布をせっせと切り取り、ゴミ袋に入るサイズに刻んで、袋に押し込んで終了。 やったーーっ 一人掛けソファ、丸裸にしたぞ!
120201_sofa.jpg
 次回は底部に打ち込まれているスプリングを外して。その次は同サイズのオットマンを引っぺがす。最後は、ジグゾーで端材にして終了。天気の良い、あまり寒くない日にしか作業が出来ないので、一気に解体するのは無理。でも着実に進んでる。「階段下の倉庫も片付けたい」と義母に訴えたら、「ソファが済んでからね」と苦笑いされた。 せっかちすぎるぞ自分。
 「休日に皆でやればすぐ終わるのに」と夫は言うが、皆の都合を待ってたらどんどん先延ばしになる。こんなのは、手と時間が空いててやる気のあるヒトがとっととやっちゃった方が、人数少なくてもガンガンはかどるんですよ。 …というのを実感しているこの頃。 そうだ、後でバール買ってこよう。金槌の反対側についてるくぎ抜きじゃ、ちょっと役不足。バールだと、解体のスピードが全然違う。裁縫でもそうだけど、特に「大工仕事は道具」だよね。
120201_bar.jpg
これはプロ仕様のお高いヤツ。私は安っすいのでいいけど、やっぱカコイイなぁ^^  100均のでもかまわないんだが、強度面が心配。