2010年03月02日

部屋片付けなさいよ>娘

 割と真面目な校風なので、オフザケも場違いな自己主張する輩も無く、式は粛々と進行。 素晴らしい答辞と合唱で父母教師を泣かせ、ブレザー投げで感動のうちに終了。 いいねー、高校の卒業式は、落ち着いてて。

 きっちりした制服姿から一変、卒業パーティーは、個性の大爆発。これだけめかしこむのは、皆恐らく七五三以来だろう。「華美にならないように」なんて、まったく言うだけ無駄って感じ。
 キャバ嬢ホスト大集合、てな雰囲気になるんじゃないか思っていたが、そこまでケバくはなかった。卒業式直後なんで、髪を染めたり盛ったりする時間があまり無かったんだな(笑)。 

 送迎担当で一日中走り回り、結構疲れた。完全燃焼した娘は、今日は多分昼まで寝ているだろう。起きたら即、部屋の片付けを言い渡さねば。
---------------------------

 頂いた花束を花瓶に移してあちこちに飾ったら、急に春が来たように、家中が華やかになった。やっぱり花は生きてるモノに限るなー。 パワーを貰えるような気がする。 天気が良いうちに、私も片付け。
---------------------------
2010年捨てカウント
290.固くなったチョコクリーム残り(あまり美味しくない)… 廃棄
291.アロマキャンドル… 使いきり
292.切抜きの束… 資源ゴミ
293.カレンダー2冊… 資源ごみ
295.書類束… 資源ごみ

2010年03月03日

家事日和

 良い天気。空気が乾いてて、適度に風もあって、最高に心地良い。 当地では今が一番良い季節。4月に入るととたんに気温と湿度が上がり、じきに梅雨の前哨戦、天気が気まぐれになる。3月中には、「春の大掃除」を終わらせたいなぁ。
 というわけで今日の課題:明日からまた天気が崩れそうなので、フル回転で洗濯/片付け続行/衣装製作作業も同時進行。 

 ところで、卒パで娘が着たパーティードレス洗濯はどうしたらいいんだ。 MADE IN USA なので、タグの表示がちんぷんかんぷん。「100%POLYESTER」は解るが、「Professional Spot clean only」って、どういう意味だ? 
 yahoo翻訳したら「専門の点手入れだけ」と出た。 「専門業者による部分洗いのみ」って事なのか。 ドレスは6000円。 2回クリーニングに出したら、一枚買えるかも(笑)
 表面のチュールレースにラメで花模様が描かれているので、手荒に扱うと、多分ボロボロ剥がれ落ちる。汗が付きそうな部分のみ、手洗いしたほうが良さそうだ。
 ちなみにエキサイトに訳させたら、「スポットが掃除する専門家専用」…スポットって誰よ?(笑) 
----------------------------------------
2010年捨てカウント
296.ゴム鉢3つ… 廃棄
299.

続く

2010年03月04日

今日も上天気、家事日和

 娘が自室片付け中。高校で使ってた資料の紙ゴミが、出るわ出るわ。 いちいち仕分けしてらんないくらい細かいので、ビニール袋に突っ込んで、まとめて廃棄。

 明日は合格発表。二人で見に行って、その後一緒に塾や学校に手土産持参で報告(娘は人一倍面倒掛けたクチ)、続いて両実家にも報告に行って… と、勝手にスケジュールを組んでいる私。 いや、前向きモード全開でいかないと、胃が痛くなるばかりだからさ…
--------------------------------------
2010年捨てカウント
299.書類束… 廃棄
300.宗教関係の本(ポストに入ってた)… 廃棄

----------------------------------
 そういえば来週、ようやく夫が週休。何もこの年度末の忙しい時期に組まんでも、と思うんだが、ずるずる先延ばしさせられているうちに、今になってしまった。

 何するでもなく、ダラダラと1週間家に居られるとタマランので、「遊びに行くお金は無いし、気候も良いから、家中の整理整頓しようね」と言い渡した。 ちょっとした大工仕事もお願いしたいし。 逃げるんじゃないわよ〜(笑)

2010年03月06日

教育ローン申請しなきゃ

 大学の合格発表会場へ、開示20分前に到着。お世話になった塾の先生方、熱心だった塾生はほとんどが既に集まっていたが、意外な程人が少なくて驚いた。
 同時刻にネットでも公開されるので、多くの人は恐らくそっちで合否を確認しているのだろう。 娘も当初はそのつもりでいたようだけど、塾講師から「生涯に何度も有る事じゃないから、是非行きなさい」と言われたらしくて。
 やっぱり、来て良かった。二人で番号を見つけて、抱き合って飛び跳ねながら思った。

 同じ学科に合格した仲良し達と、ひとしきり喜びあった後、「バイト探そう」「サークル入る?」「学園祭いつだっけ」と、娘はこれから始まる「薔薇色のキャンパスライフ」に、もうすっかり舞い上がっている。
 青春を満喫しつつ、今後の人生、自分は何をして食っていくか、向こう4年間でしっかり考えて、就職に備えて下さいよ。

 で、入学金やら授業料やら、今後の出費を考えると、親のほうは喜んでばかりもいられないのであった。
posted by ウメ at 12:35| Comment(3) | TrackBack(0) | ノンジャンル

2010年03月07日

一日10分でいいから整理整頓

 何か作業する時は、資材や道具を盛大に散らかしながら進めるタイプ。 なので、裁縫作業中は、リビングの整理整頓は全く出来ない。 しかし油断するとすぐ紙モノは溜まるし、誰かのちょい置きが呼び水になって、どんどん散らかる。 整理整頓は無理でも、片付けはサボっちゃいけない。と自分に言い聞かせて。

 でもまったく何も進まない状態はイライラするので、代わりに他の部屋の整理や見直しをちょこちょこと。僅かな時間でいいから、整理して捨てモノを出せると、少しホッとする。
-----------------------------------
2010年捨てカウント
301.パンフレット… 資源ゴミ
302.ハギレ… ウェス
---------------------------------

 向こう一週間休みの夫に、休みの間何がしたいのか、何か予定はあるかと聞いた。 「オークションに大物二つ出す」「それだけ?」「うん」 残りの時間は、ネトゲと睡眠とDVD鑑賞で潰す気なのかなー。
 いや、いつもお仕事頑張ってくれてるんだから、それでも全然かまわないんだけどー。 ただ、CDやDVDの整理とか、PC関連資材の整理とか、やって貰えるとすっごく嬉しいんだけどなー。 

2010年03月09日

衣装製作が進まない

 舞台衣装5着、製作中。 後ろ身頃中心を縫いあわせ、肩を縫ったところで停滞している。 やった事の無いチャイナカラーの襟付けと、袖ぐり(ノースリーブ・太バイヤス仕上げ)と脇の始末に悩んで、まだ1着も仕上がらない。つくづく、テキストが欲しい。作り方解説無しでは、洋裁初心者にはかなりしんどい。
 何度も縫い解きが出来ない、ほつれやすい高価な生地。生地が分厚くなって、どうにも針が進まないような場所なんかは、どうか破けませんように、ズレませんようにと祈りながら、半ばヤケっぱちで生地を押したり引いたり。 
 完成予定日まで、実質あと二日しか無い。頑張れ自分! で、それが済んだらバザー用小物作り再開。期限、来週土曜…うわー、マジで時間無い!

 なんか、毎回イベントの度にドタバタしている。計画性の無さを、娘に説教できる身分じゃないなぁ。
posted by ウメ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY・手作り

2010年03月10日

CDの音飛び

 数年ぶりにかけてみた古いCD(十数年前のモノ)の、音飛びが酷い。 レンズの汚れのせいだろうと思い、クリーニングしようと取り出して何気なくCDの裏面を見たら、摩訶不思議なまだら模様になっていた@@
 表面には何の変化も無いように見えるので、これは内部の問題。もしやと思って他のCD(全10巻シリーズ)も取り出してみたら、8割アウトだった(涙)
 保管方法がまずかったのか、元々の製品に問題があったのか、原因も対策もさっぱり分からない。これはもう、捨てるしか無いのか。 待てよ、その前に馴染みのCDショップに持って行って、尋ねてみよう。いや、むしろPCショップで聞いた方が早いか?

 他のCDはまだ確認していないけど、もし同様の症状が広がっていたらどうしよう。 貴重なお宝CDは、今のうちにバックアップ取って置いたほうがいいかなぁ。 安物のCD-Rに焼いたデータは、時間が経つと読み込めなくなるとか、紫外線に弱いので太陽光に当てるとイチコロだとか、よく聞くけど。市販の製品でもこういう事が起こるなんて、かなりショックだ。
posted by ウメ at 10:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑貨・家電・買い物

2010年03月13日

片付け再開は再来週か

 最優先事項「入学手続き」、本日完了。ばんざーい! 4月から、晴れて娘は大学生に。 次は奨学金の手続きをして、入学式用のスーツ買って、頂いたお祝いの御返しを買って届けて… まだまだ物入りだなー。

 来週は祖母の三年忌(私が出席)と夫従姉妹の結婚式(夫出席)、夜は友人のライブ手伝い等が同日に重なり(爆)、翌日は二日続けて子供劇団の本番(父母は朝から会場入りして、夜までずっとお手伝い)。 スケジュール確認したら、3月はその後も予定がびっしりで、改めて驚いた。(入れたのは自分)
 4月いっぱい、バタバタが続くはず。体調を崩さないよう、とにかく気をつけないと。 で、忙しくても部屋が荒れないよう、日々の散らかしはその日のうちに片付ける事、と自分に言い聞かせて。(寝る前の一片付け、継続中)
-----------------------------

 衣装製作、担当分の仕上げまであと一息。がんばったどー! 明日午前中で仕上げて、午後には作業場へ持って行きたい。 多分次の作業が待ってると思うんだけど、できればもちっと、頭使わない&ローテクの仕事を回して頂きたい…ワガママだろうか。 でも今回の製作は、マジで頭パンクしそうだった。 洋服のパタンナーやお針子さんの技術って、本当にスゴイと思う。

 毎回綱渡りな運営だけど、それにしても今回の舞台、成功できるのか冗談抜きで不安。 チケットの売り上げもはかばかしくないみたいだし。 スポンサー取りもチケット販売も、まったく戦力にならない自分に出来ることは、ひたすら針持つ手を動かす事。 泣き言言わずに、頑張ろう。
posted by ウメ at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル

2010年03月14日

大量にタオル消費できそう

 劇団の衣装製作班から、新たな注文が来た。 和装の体型補正に使う、ひも付きタオル。 最近の子供達はみな見事に細いので、布団蒸しかと思うほどタオルを巻かないと、美しい着付けが出来ない。 「数あれば有るほど嬉しい」と言うので、時間が有る限り、どっさりこさえようと思う。

 作り方は簡単。フェイスタオルを細長く二つ折りにして、更にその間に2〜3枚タオルを挟んで厚みを出し、ずれないように全体を縫い、中心に2mくらいの紐を縫い留めるだけ。 我が家の大量のタオル在庫を活用する、絶好の機会。 新品の景品タオルを外側に、使用中の古タオルを芯に。 洗面所に、新しいタオルをガンガン卸せるぞ^^

 和装で使う腰紐も大量に欲しいらしいので、それも在庫布で追加作成する。 どちらも直線縫いだけ。 頭を使わない、ミシンの単純作業って大好きv …手縫いは大嫌いだけど。
 あー、そういえばまだ、仕上がってない衣装があった。失敗した部分を解いて、縫い直し。一番嫌いな作業。
posted by ウメ at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY・手作り

2010年03月16日

アイロン新旧交代

2010年捨てカウント
303.古アイロン… 譲渡

----------------------------------------
 数年前、友人から譲ってもらった中古の国産アイロン。ここのところ蒸気穴の目詰まりが酷く、更に最近は白物にサビ色のシミをつけてくれたりするので、半年悩んで、買い換えた。 
 もちろん夫から「分解掃除してみようか?」との申し出があったけど、以前同様の修理に挑戦して、結局再生不可能にして廃棄した前科が有るので、丁重にお断り申し上げた。
 で、買ったのはコレ↓
「ティファール(T-FAL) スチームアイロンウルトラグライドイージーコード80 FV4280J0 」
100316_airon.jpg

 「後継機種が出るので、在庫整理特価で出してます。県内では最安値ですよ」というセールストークに乗せられて、実はほぼ衝動買い(6980円、現金払い)。帰宅して、冷静になった頭でネット通販検索してみたら、最安値(送料無料、5980円)を発見。 代引き手数料315円払っても、こっちのが安かった。(…早まった)

 購入に際し「どうすれば目詰まりを防げるか」店員に尋ねてみたところ、「使用後はすぐ残水を捨て、ジェットスチームボタンを何回か押して、完全に水分を切る事」うーんやっぱり水切りが足りなかったか自分。
 それと、意外なお得情報も。「スチーム用の水は、除湿機のタンクに溜まった水を使うと良い」。目からウロコだった。確かにあれは、タダで手に入る最良の蒸留水。「仕上がりも違いますよ〜」との事。
 スチーム穴が目詰まりしたら、修理・掃除より買い換えたほうが安上がりなんで、アイロンは使い捨てのつもりで、高価な機種を買うのを避けてきた。でも今度こそ、長持ちさせてみたい。

 不要になった古いアイロンは、子供劇団に寄付した。 衣装の製作・管理には必需品。ドライアイロンなら、まだ十分に使える。 喜んでもらえて良かった。
posted by ウメ at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨・家電・買い物

2010年03月17日

除湿機の水タンクがカビだらけ

 溜まった水をスチームアイロンに使おうと、除湿機の水タンクを引っ張り出した。 今まで見ないフリしてたけど、タンクのあちこちに黒カビが。 さすがにこのまま使うほど神経太くないので(汗)、古ハブラシでせっせと掃除。

 ふと気になって、「そういえば防塵フィルターみたいなのが付いてたっけ?」と、除湿機前面のフィルターを引っ張り出してみた。 なんと、埃が積もってフェルトのようになっていた。 今までよく動いてたもんだ。ものすご効率悪かっただろうな。

 いったいいつから掃除してなかったんだっけ? クーラーのフィルターはちょくちょくやってるけど、除湿機については完璧に忘れていた。 とりあえずネットの方は水を流しながらブラシで洗い、使い捨てのフィルターは完璧に変色していたので、即廃棄。 交換用のフィルター、まだ売ってるかなぁ。平成4年の機種(SANYO)だけど。
-----------------------------------

 あまり年の違わない年上の友人の、突然の訃報。なんだろうなぁ、今年はそういう年廻りなのか、やたら身近な人がいなくなる。日々、心尽くして過ごさねばと、改めて思う。 …家中の整理整頓、がんばろう。
------------------------------------

2010年捨てカウント
304.除湿機フィルター/廃棄
posted by ウメ at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の掃除・片付け

2010年03月18日

キーボード周りだけでも片付けて

 夫PCキーボードが、炭酸水をかぶって壊れた。もう何度目かなー。水かぶる以外にも、ゲームで興奮するとボードを叩きまくるので(子供か!)、年に一度はキーボードかコントローラスティックを交換している。 今回現場は見てないけど、少なくともPC台周辺を片付けておけば、もう少し安全な場所にコップを置けたはずだ。 女房の諫言は聞きたくないみたいなので、あえて何も言わないけど、正直、いい加減学習すればいいのにと思う。 本人に習慣を変えようって気が全く無いから、しょーがない。

 以前は私のPC台も似たような状態だった。でも今では、マウス転がしながら、傍らで晩御飯広げて食べられるくらい広い。 使い終わってPCの電源切る時に、作業に使ったモノを元の場所に戻して、まっさらの状態にする事を習慣化しただけ。 小さな変化だけど、私には大きな進歩。これで自信が付いて、次は「寝る前にダイニングテーブルをまっさらにする」が習慣化できた。

 この快適さが分かって貰えないのも残念だと思うけど。何より、PC台という小さいスペースさえ片付けられないのに、子供達に「部屋片付けなさい」って説教するのは、ちょっと違うんじゃないかと思う。彼らも絶対そう思ってるはず。口には出さないけど。

 あ、やっぱり電動ドライバー出しっぱなし。交換して外したキーボード、プリンターの上に放置しないで下さい。プリンター使えないじゃないですか。 で、捨てないわけ? 直せるかも、って? やれば直せるかもしれないけど、「忘れてそのまま放置」に千円。 
posted by ウメ at 09:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の掃除・片付け

2010年03月22日

タオル&紙袋を大量寄付

 今日は子供劇団の公演二日目、最終日。娘にとっては卒業公演、同時に私も、役員その他もろもろから開放される。完全燃焼して、心置きなく引退出来るよう、残り今日一日、ユンケル飲んでがんばろう。
-------------------------------------
2010年捨てカウント
305.古タオル8本/寄付
313.古バスタオル5本/寄付
318.紙袋30枚/寄付
348.楽屋ミラー5本/寄付

 着付け補正用に、タオルやバスタオルを重ねて縫い、黒布で包んで紐を付けたモノを大量生産。おかげで、押入れの古タオルがかなり減った。 今後はもっと必要になるだろうから、公演終了後、時間のある時にもっと縫って贈呈しようと思う。

 資金造成の物販コーナーへは、溜まる一方で困っていた紙袋を大量に出した。家中探したら、もう少し出てくるかもしれない。 レンタルBOX売れ残りの楽屋ミラー。嵩張って家に置きたくないので、これもまとめて物販班に寄付。
 おっと、そろそろ時間(9:00集合)。行ってきます。

2010年03月23日

イベント終了

 子供劇団の二日間4公演が、昨日無事終了。今回で劇団を卒業する娘が、方々から頂いた大量の花束で、家中が華やかな香りで満ちている。
 それにしてもほんっとに疲れた。(この二日で2kgも痩せた!ラッキー^^)  午前中は偏頭痛が酷かったため、薬を飲んでひたすら寝た。 午後はここ数日ほとんど手付かずだった家事と、散らかった家の中をフル回転で片付けている。 

 やけに夕焼けが黄色いのは、連日の黄砂のせいなのか。 天気が良いので窓を開けてたら、掃除機を掛けても家中ザラザラ、洗濯物も埃っぽい。 かといって締め切ってると、クーラーが必要なくらい暑いし。
 アレルギー持ちの息子は、目が痒くてたまらない様子。喘息の人は、かなりしんどいだろう。 一雨来れば治まるんだろうけど、降り出したら洗濯が出来ない。ジレンマ。

 
 ともかく、怒涛の一ヶ月は終わった。 疲れが取れたら、整理整頓を再開しよう。 今週末には父母会打ち上げ・実家で合格/進級祝い・劇団の送別会と宴会三連チャンが待っている。 もう何もプレッシャーが無いので、ひたすら楽しむ予定。 
 忙しすぎて荒れ放題の娘の部屋も、入学式までに整理整頓・模様替えを済ませておきたい。 しかし離れ離れになる友人達とのお別れ会が、みっしりスケジュールに組まれていて、とてもそんな暇など無さそうだ。
-----------------------------
2010年捨てカウント
353.ダンボール箱/廃棄
354.梱包材/廃棄
posted by ウメ at 18:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の掃除・片付け

2010年03月24日

引き出物の行き先

 「モノ減らし」を意識するようになってから、結婚式等祝い事の引き出物に、毎回悩まされている。 貰って嬉しいモノが、ほとんど無いのだ、申し訳ないことに。 
 贈答品は、受け取った瞬間にその役目を終えるらしい。 有難く「感謝の気持ち」を受け取ったら、その後のモノの始末には罪悪感を抱かなくても良い、というのは、分かってるんだけど。


 先日の引き出物は、小皿付きペアの多用椀。 このペア食器ってのが困り者。四人家族に二人分だけあっても、用途が無い。カップ類ならまだしも。

 招待された親戚は、皆揃って同じものを頂いているので、頼めば(多分喜んで)譲ってくれるだろう。 しかし現在うちの食器棚にはまったく余裕が無い。 いや、余裕があったとしても、4膳揃ってても、やっぱり要らない。 正直、趣味じゃないんだ。ごめんなさい。
 で、置き場所に困って、箱入りのまま棚の上に放置されている。右から左で申し訳ないけど、年内に売るか譲るかすると思う。物置にも、不用品を保管する余裕が無いんだ。

 
 そういえば実家の母や祖母は、押入れ一杯に贈答品を溜め込んでたなー。付き合いの多い家だから、頂き物がハンパないのだ。 最近は自治会や学校のバザーに片っ端から提供してるけど、以前は周辺でそういうイベントが無かったから、溜まる一方だった。 自分が嫁入りの時、それらを山のように出してきて、強制的に持たされたっけ。

 本当に贈答品って難しい。自分の結婚式の時は、まず食器や鍋を引き出物にするのは絶対嫌だったので、折り畳み傘にした。 差し上げた本人が不要でも、誰かに譲ったりして、とりあえず使って頂けると思ったから。 最近多い、「カタログから選択」ってシステム、最高だと思う。消えモノ(食品類)が載ってると、一番嬉しい(笑)


 逆に、最近すっごく感動した引き出物がある。親戚の長寿祝いで頂いた香水。 主催した親戚の経営する会社が出している製品で、ものすごく気に入ってるんだけど結構な値段で、おいそれと買えない。そこへ、そろそろ底をつくのが分かっていたかのように、引き出物のパッケージの中に入っていた。 

 招待客が多かったにも関わらず、それぞれが喜びそうな品をわざわざ別々に選んで、各人の座席にセットしてあった。 頂いた物ももちろんだけど、何より、その心遣いが嬉しい。すっごく手間暇かかる事だしね。 見習わなくちゃ、と思った。 「贈る」という事の意味を、考え直した頂き物だった。 

2010年03月30日

そろそろ片付け再開しないと

 昨日は子供劇団の送別会。 卒業する高3生は、卒業パーティー同様のスーツorドレスアップで出席。 強烈な舞台メイクか、汗だくの稽古着姿しか見たことが無い後輩達は、フォーマルなフルメイクで別人のような先輩達の姿にどよめいていた。 
 力の入った大爆笑の余興に、懐かしいスライド上映、感動の送辞、涙の答辞。 今年の送別会も、例年通り伝説のように語られるに違いない。
 来年は私も娘も、この場に居ないのが寂しい。 と言うと娘が否定、「いや、私は当分居るもん」。 後輩指導でせっせと顔を出すつもりらしい。 早や、4月中旬のイベントの仕切りと、先日の舞台の録画DVDのジャケットデザインを任されている。彼女の忙しさは続く。 多分私も…(衣装製作のミシン要員ボランティア要請された)

-------------------------------------------
2010年捨てカウント
355.盛り花用花篭/廃棄
356.劣化して割れたちりとり/廃棄
357.枯れた鉢花/廃棄
358.パンフレット3冊/資源ゴミ
続く

 今月は「日々の片付け」と、ルーチンワークの家事がやっとだった。 ようやく落ち着いたので、今週からまた「整理・整頓・捨て」を再開しようと思う。 さて、どこから手を付けようか…